テーマ:世界政治

トルコのTwitterユーザー、エルドアン大統領の「DAESH(IS)」との石油取引への参加を確信

エルドアン大統領に近しいことで知られるトルコのイスラム過激派系紙「アクィト」評論員アブドゥッラフマン・ジリパク氏は、2日、「誰がISから石油を買っているのか?」というテーマの調査を公表した。しかし、ジリパク氏が期待したのとは、まったく違う結果が出た。 ロシア国防省:トルコからシリアへ1週間で約2000人の戦闘員が投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本、本当にテロとの闘いに加わる覚悟か?

安倍首相はテロ対策の強化に全力を注ぐよう指示した。12月8日から日本外務省内には国際テロ情報収集ユニットが開設される。だが日本はテロリストとのリアルな戦いにどれだけ真剣に望む構まえなのだろうか? モスクワ国際関係大学、国際調査研究所の上級研究員、アンドレイ・イヴァノフ氏は、この件に関して次のような考察を表している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国外務省、プーチン大統領の反テロ戦線創設案を支持

中国外務省のフア・チュンイン公式報道官は4日、声明を表し、テロ対策における中国の立場はプーチン大統領の出した、国連の庇護の下に共通の反テロ戦線を形成する提案と一致していることを明らかにした。 原田駐露大使 © Sputnik/ Ilya Pitalev 日本政府はロシアとの対話、協力拡大に関心、原田駐露大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ議会、ドイツ軍による対ISシリア作戦を承認

ドイツ議会(下院)はドイツ軍によるテロ組織「イスラム国(IS、アラビア語ではダイーシュ、ロシアでは活動が禁止されている)」との戦いに関するシリアにおける作戦を承認した。 中国外務省のフア・チュンイン公式報道官 © 写真: Friends of Europe 中国外務省、プーチン大統領の反テロ戦線創設案を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1953年6月26日に発生したソ連共産党の政変とその後の世界 改定版

1953年6月26日に発生したソ連共産党の政変とその後の世界 改定版  georgiaのゴリ出身でソ連共産党書記長ヨシフ・スターリンが、1953年3月5日に死去した。3月1日党幹部のベリヤ、マレンコフ、ブルガーニン、フルシチョフなどと徹夜の食事会の途中に倒れ、5日に死去した。死因は秘密警察長官ベリアによる毒殺とされる。195…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中貿易の代金決済は円と人民元で6月1日から執行

 2012年6月1日付けで、日中貿易の決済は、円と人民元により行われることとなった。2012年5月31日までは、日中貿易はドル決済だった。世界通貨危機以来、東南アジア諸国は、ドル使用せず、自国通貨により決済しているとのこと。大きな歴史の転換点といえる。 入門 外国為替の実務事典—基礎的な知識から、信用状のポイント、貿易決済手続きの実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more