モスクワ以外も魅力的! 米経済誌が旅行先にロシアの地方都市をお勧め

2020051002.webp 米経済誌フォーブスが、モスクワやサンクトペテルブルクの「影」に隠れているロシアの地方都市の魅力を伝えた。 記事の著者であるジャレッド・ラナハン氏は、新型コロナウイルスの流行により旅行は控えた方がいいと述べているが、自身の旅行先候補の第1位にエカテリンブルクを挙げている。2020051002.web…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルスは話し声でも感染 粒子は密閉空間で8~14分間滞留

発声することで飛沫とともに放出された新型コロナウイルスは、屋内の空気中で8 ~ 14 分間留まり続ける。こうした米国の研究グループによる研究結果が、米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された。 AFP通信によると、この研究を行った米国立糖尿病・消化器・腎臓病研究所(NIDDK)の研究グループはまず、密閉空間で「健康でいよう…
コメント:0

続きを読むread more

トヨタ自動車 今期営業利益8割減に 新型コロナの影響から

https://jp.sputniknews.com/business/202005127444718/ 12日、トヨタ自動車は、新型コロナウイルスの影響から世界的に車の販売が落ち込むとし、今期の売上高が前期比20%減の24兆円となる見込みを示した。第4四半期(2020年1-3月期)の営業利益は前年同期比27%減の3840億円だった。…
コメント:0

続きを読むread more

猫は子どもの喘息を予防する

コペンハーゲン小児喘息前向き研究の一環で行われた実験で、猫がいる家で5歳まで過ごした子どもの喘息の発病リスクが大きく低下した。一般に広まった先入観の反対に、猫との接触が、喘息の発症リスクの高い遺伝を持って生まれた子どもにとって有効だと明らかになった。 スプートニク日本 ペットからのアレルゲンが喘息を悪化させる原因だと…
コメント:0

続きを読むread more

イチロ-と草刈り機 嘆きの天使 ニニ・ロッソ

2020/5/10 午前2時過ぎから午前3時頃、イチロ-突然いなくなる。午前2時まで同じ部屋にいて仕事していた。いつものようにイチロ-の家で寝るよう外に出し、戸をしめた。外は雨でした。午後8時過ぎだがイチロ-は戻らない。一宮警察署に届ける。イシグロ受付。遺失物587号  草刈り機故障する。修理依頼する。10日前には動いていた。
コメント:0

続きを読むread more

衛星「かぐや」の発見 月の起源説を覆すか

2020051002.webp 日本の研究者は、月面の炭素排出を記録した。この発見により月の起源説が見直されることになりそうだ。「サイエンスアドバンス(ScienceAdvances)」誌が伝えている。 日本の複数大学、JAXA(宇宙航空研究開発機構)をはじめとする関係機関、日立研究開発グループの天文物理学者らは、月周回衛星「か…
コメント:0

続きを読むread more

ロシア全国、前日比1万817人増 コロナ感染者は約20万人に

20200509.webp ロシア全国の過去24時間におけるコロナウイルス新規感染は1万817人確認され、合計で19万8676人となった。全国コロナウイルス感染拡大対策本部が発表した。 新規感染者のうち40.7%は症状などが見られなかったという。 過去24時間で104人がコロナウイルス感染により死亡した。 ロシア消費…
コメント:0

続きを読むread more

飛行機内の感染防止の鍵は紫外線ランプ 実現化なるか

飛行機内は換気システムが働いているとはいえ、乗客は隣同士で長時間座り続ける。新型コロナウイルスのパンデミックで航空会社は運航と取りやめ、今や飛行機で移動する人々はほぼいない。航空会社や乗客が恐れているのは飛行機がウイルスを運んでしまうことだけではなく、機内での集団感染だ。この問題に対して飛行機メーカーや研究者らはどのような解決策を持…
コメント:0

続きを読むread more

フランスで国内総生産の記録的な落ち込み

7323796_86_495_2958_2048_1000x0_80_0_1_e7286e8b0a0688b03d66369b83b60671.jpg.webp 新型コロナウイルスのパンデミックに関わる状況から、フランスで今年の第1四半期の国内総生産(GDP)が5.8%という記録的な落ち込みとなった。30日、フランス国立統計経済研究所…
コメント:0

続きを読むread more