エリザベス2世 ブレグジットに関する法案承認 今後はEUでの手続きに

23日、欧州連合(EU)からの英国の離脱条件に関する法案がエリザベス女王の承認を得て、法制化された。今後、書類はEUで承認を得るためのいくつかの段階を経ることとなる 24日に書類は欧州理事会および欧州委員会の代表者、欧州議会によって署名が予定される。その後、当事者間で批准書の交換が行なわれる。 1月31日に英国はEUを離脱する。…
コメント:0

続きを読むread more

中国からの小包は危険? 治療薬はあるの? 新型コロナウイルスの本当と嘘

新型コロナウイルス2019-nCoVが人体環境へ適応し、ヒトへの感染の脅威が増大しはじめた。公式的な発表によれば、感染者数はすでに2000人を超えている。ウイルスが発生したのは中国湖北省武漢市だが、伝染病はすでにアジアを超え、米国、カナダ、フランス、オーストラリアにも広がり始めた。 ウイルス感染者の拡大に比例して、疑問も様々に…
コメント:0

続きを読むread more

米国「世紀の取引」パレスチナに対しイスラエルへ聖地委譲を提案 和平へ

ドナルド・トランプ米大統領が間もなく内容を明かす「世紀の取引」は、パレスチナ・イスラエル紛争の解決を目指した平和構想である。全ての重要な問題に関し、この取引はイスラエルの立場に近いものとなっている。ウォール・ストリート・ジャーナル電子版が情報筋の話として27日(月)に報じた。 関係者の情報によると、この平和構想は50頁強の文書で、…
コメント:0

続きを読むread more

富豪ジョージ・ソロス氏、トランプ氏とフェイスブックの「策略」を語る

89歳の富豪、ジョージ・ソロス氏は、フェイスブックはトランプ大統領の再選を手助けする、と語った。ソロス氏の「策略」説をブルームバーグが引用して伝えている。ソロス氏は、「トランプ氏とフェイスブックはある種の非公式相互支援契約に向けて動いている。フェイスブックはトランプが再選するように機能し、トランプ氏はフェイスブックを守るだろう」と語…
コメント:0

続きを読むread more

プーチン大統領 ドイツのメルケル首相と11日にモスクワで会談 米国による空爆後の中東情勢について

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の招待を受け、ドイツのアンゲラ・メルケル首相がロシアを訪問する。このモスクワ訪問では、イランのバクダットの空港を米国が空爆したことによる中東の緊張のエスカレートについても討議することが予定されている。大統領のプレスサービスが発表した。 発表では、「1月11日、ウラジーミル・プーチン大統領の招待で…
コメント:0

続きを読むread more

プーチン大統領「トランプ大統領をシリアに招待しては」と提案

ロシアのプーチン大統領は、シリアのアサド大統領に米トランプ大統領をダマスカス(シリア首都)に招待することを提案した。ロシアメディアが伝えている。 プーチン大統領とアサド大統領の会談時、キリスト教使徒パウロが辿った道のりが話題となった。聖書によると使徒パウロは洗礼前は戦士であり、初期のキリスト教徒を迫害する側であった アサド大統領…
コメント:0

続きを読むread more

米議会可決 トランプ大統領の対イラン兵力使用に関する権限制限

米国下院は、議会の許可なしにイランに対する兵力使用をする際のトランプ大統領の権限を制限する決議を採択した。この提案に賛成票を投じたのは224人、反対票は194人だった。 本決議は、米政府が同国議会から然るべき許可を得るまで、あるいは「米国に対する武装攻撃」が発生するまで、大統領は対イランおよびイラン領内における軍事行動を開始できな…
コメント:0

続きを読むread more

れいわ新選組「131人擁立も」 次期衆院選へ和戦両様

れいわ新選組の山本太郎代表が次期衆院選に「100~131人の公認候補を擁立する」と掲げ始めた。他の野党をけん制し、消費税率5%への減税を柱にした野党共闘を促す狙いが透ける。ただ、立憲民主党などは消費税減税に消極的なため、実際に大量擁立へ踏み切る選択肢も残す。和戦両様の構えだ。 れいわは初陣となった7月の参院選で比例代表2議席を…
コメント:0

続きを読むread more

レバノン外務省筋、ゴーン被告が日本を出国し、レバノンに到着したことを通信社スプートニクに確認 近日中に記者会見を開く

レバノン外務省筋は通信社スプートニクに、 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告はレバノンにおり、同国のミシェル・アウン大統領とすでに面会したと語った。 ゴーン被告はレバノン国籍を持っており、幼少期をレバノンで過ごした。 消息筋はゴーン被告について「彼は到着した。詳細はない。だが最近、彼は(レバノンに)戻り、レバノン大統領と面会…
コメント:0

続きを読むread more

ハメネイ師、米国に強烈な攻撃をすると脅迫

イランの最高指導者ハメネイ師は、トランプ米大統領が、イラクの首都バグダッドにある米大使館襲撃について、イランに責任があると述べたことにコメントし、イランは脅迫に「強烈な攻撃」で対応すると述べた。ハメネイ師のサイトで発表された。 ハメネイ師は「イラン国民の利益、偉大さ、進歩を脅かすあらゆる者には、ただちに強烈な打撃が加えられる」と発…
コメント:0

続きを読むread more

トランプ米大統領 機密情報の報告に反してスレイマニ司令官殺害を命令

ドナルド・トランプ米大統領の、イランのガーセム・スレイマニ司令官殺害命令は、国防総省や最新の機密情報の報告に反して出されていた。米国防総省と米大統領府の関係者の話としてニューヨーク・タイムズ紙が報じた 同紙によると、米情報機関はスレイマニ司令官が最近、シリア、イラク、レバノンに駐留するイランの部隊を視察し、多数の人命を奪いかねない…
コメント:0

続きを読むread more

ソレイマニ司令官殺害は地域の緊張を高める=露外務省

ロシアは、イラクの首都バグダッド近郊で米国によるロケット弾攻撃があり、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官が殺害されたことについて、アバンチュール的行為であり、地域全体の緊張を高めると考えている ロシア外務省は「バグダッド近郊への米国によるロケット弾攻撃によるソレイマニ氏の殺害は、地域全体の緊張の高まりにつながるアバンチュール的…
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年 

謹賀新年 新たな年が始まりました。 プーチン政権、トランプ政権の政治目標が普及するにしたがい世界歴史の未開部分が公開されています。日本も徐々に捏造された歴史が暴露されています。昨年イエズス会総長兼カトリック協会のローマ教皇フランシスコが来日し被爆地広島、長崎を訪問しました。  一神教イエズス会の裏の顔は秘密結社イルミナティです。…
コメント:0

続きを読むread more