テーマ:ロシア

モスクワ以外も魅力的! 米経済誌が旅行先にロシアの地方都市をお勧め

2020051002.webp 米経済誌フォーブスが、モスクワやサンクトペテルブルクの「影」に隠れているロシアの地方都市の魅力を伝えた。 記事の著者であるジャレッド・ラナハン氏は、新型コロナウイルスの流行により旅行は控えた方がいいと述べているが、自身の旅行先候補の第1位にエカテリンブルクを挙げている。2020051002.web…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア全国、前日比1万817人増 コロナ感染者は約20万人に

20200509.webp ロシア全国の過去24時間におけるコロナウイルス新規感染は1万817人確認され、合計で19万8676人となった。全国コロナウイルス感染拡大対策本部が発表した。 新規感染者のうち40.7%は症状などが見られなかったという。 過去24時間で104人がコロナウイルス感染により死亡した。 ロシア消費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア、前日比2186人増 コロナウイルス感染者

ロシア52地域で新たに2186人のコロナウイルス感染者が確認された。コロナウイルス感染拡大対策本部が発表した。 ロシア全国の感染者数は1万5770人となった(1日の増加率は16.1%)。130人が死亡し、1291人が回復した。14万6000人が観察下にあり、検査結果待ち。 ロシアのコロナウイルス状況 ロシアで新型コロナウイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア イタリアからの入国禁止へ

ロシアはイタリア国籍の市民およびイタリアからロシア連邦への入国を申請する外国人に対し、申請を受理しないことを決めた。 入国禁止は3月13日から開始される。 ただし、イタリアに滞在し、本国帰国を希望するロシア人はこれに含まれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア初 給与取りの雄猫 職歴も豊か【動画・写真】

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201911126829124/ ウラルのペルミ市にあるお土産ショップに新たな正社員がイベントコンパニオンとして入社した。採用されたのは雄猫のバルシック。バルシックの役目はお客様をお迎えすることだ バルシックの飼い主が明かしたところによると、実はバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北極でコンサート:セイウチがアコーディオンを聴きに集まる

9月初旬、北極遠征ヨットAlter Ego号の乗組員アレクサンドル・ボグダノフさんが、北極のセイウチたちのために「小さなコンサート」を開催した。ボグダノフさんはセイウチたちのためにソ連映画で使われた曲など様々な音楽をアコーディオンで演奏した。 「演奏会」が行われている間、近くに集まってきたセイウチたちはヨットの方向を注意深く見つめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア 東京五輪に正式に参加

国際オリンピック委員会(IOC)はロシア・オリンピック委員会に対し、2020年の東京五輪参加を許可する正式な招待状を送った。 ロシア・オリンピック委員会は公式サイト上のニュース欄に次のように発表した。 「ロシア・オリンピック委員会は2018年の韓国の平昌五輪とは異なり、正式のロシア代表団を編成し、自国の国旗を掲げ、制限も補足的条…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア 週4日制に移行を首相否定せず ロシア国民がどう反応?

ロシア国民のほぼ半数にあたる48%が週5日制から週4日制への変更を支持していないことが、全ロシア世論調査センターの調べで明らかになった。先日、メドベージェフ首相は国際労働会議で演説した中で米国の産業家のヘンリー・フォード氏の経験を引用し、週48時間制を40時間にまで縮小した結果、労働の生産性が格段に上昇したと語った。 スプート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンクトペテルブルクのフラワーフェスティバルで日本チームが優勝!【写真・動画】

11日から13日まで、サンクトペテルブルクで国際フラワーフェスティバルが開催され、日本代表チームが初参加した。フェスティバルのハイライトであるフラワー・パレードでは、四季をイメージした日本チームの作品が観客投票で一位を獲得。日本チームはサンクトペテルブルクの目抜き通りであるネフスキー大通りを進みながら、沿道の大声援に笑顔で応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア海軍総司令官が18年ぶりに訪日 防衛大臣が発表

ロシア海軍のウラジーミル・コロリョフ総司令官が今年の後半、18年ぶりに日本を訪問する。岩屋防衛相は30日、ロシアとの2+2会談の共同記者会見で明らかにした。 東京でのロシア外相、ロシア国防相との2+2会談を終えた岩屋防衛相は、会談を総括した記者会見に立ち、今年の後半にロシア海軍の総司令官の日本訪問を実施することで合意したと明らかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショイグ国防相、東京でリヒャルト・ゾルゲの墓に献花

日本を訪問中のロシアのショイグ国防相とロシア軍代表団は30日、東京の多磨霊園にあるソ連の伝説的諜報員、リヒャルト・ゾルゲの墓を訪れ、献花した。 ショイグ国防相は29日、実務訪問のため日本に到着した。30日、露日外務・防衛閣僚協議(「2+2」)に参加するほか、日本の岩屋防衛相と二国間協議を行う。 リヒャルト・ゾルゲ(コードネー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア外務省、丸山氏の南クリルをめぐる戦争発言に「容赦のない判断」 を期待

ロシア外務省のザハロワ報道官は23日、南クリル諸島(北方4島)をめぐり「戦争」発言をした丸山穂高衆議院議員について、「挑発的な言動には容赦のない判断が下される」ことへの期待を表した。 ザハロワ報道官は、この言動は「周辺的な政治家」の意見であるか、世論を反映しているのかを検証する必要があると強調した。また、ザハロワ報道官は発言後の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビザなし交流ロシア人代表団が日本に到着

ビザなし交流の60名からなるロシア人代表団が根室港に到着した 主に学生からなる代表団は日本の学生と交流し、鎌倉市を訪れる予定。一行の滞在は5月28日まで。 日本とロシアの南クリル諸島との間のビザなし交流は双方の民族の相互理解の改善および平和条約締結問題の解決をめざして、1992年から政府間合意を基に開始された。交流はビザ発給…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーチン大統領は、日本でトランプ大統領と会談することを楽しみにしている=ペスコフ報道官

ロシアのペスコフ大統領報道官は、露米首脳会談について、プーチン大統領は日本で開催されるG20首脳会議に合わせてトランプ米大統領と会談を行うことを楽しみにしているが、米国側からは何の動きもないことを明らかにした ペスコフ氏は記者団から、露米首脳会談が行われた場合、プーチン大統領とトランプ大統領はガスパイプライン「ノルドストリーム2」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア、初めて最新鋭多連装ロケット砲の旅団を配備

今年、次世代多連装ロケット砲「9A53-S タルナード (タルナード-S)」の旅団が初めて、ロシア軍に配備された。ロシア国営企業「ロステク」傘下「テフマシュ」社のアレクサンドル・コチキン副社長が兵器・軍用技術展示会「MILEX-2019」で明らかにした。 ロシア陸軍最高司令官のオレグ・サリュコフ大将は昨年末、飛距離と精度を改良し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーチン大統領と金氏の初の首脳会談が終了 約3時間半に及ぶ【写真】

ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の1対1形式での会談は約2時間、両国の代表団が加わった拡大会合は1時間40分続き、会談は合わせて約3時間半に及んだ。 拡大会合終了後、代表団はレセプションに向かった。レセプションでは金氏の要望により、ロシアの伝統料理が振舞われる。 首脳会談後には共同声明も発表されず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金正恩氏:ずっと前からロシア訪問を夢見ていた【動画】

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、ロシア極東ウラジオストへ向かう途中、北朝鮮と国境を接するロシア極東沿海地方ハサンの駅で、「ロシアについて良いことをたくさん聞いたことがあり、長い間ロシアを訪れることを夢見ていた。私が北朝鮮を率いてからすでに7年が経過したが、今ようやくロシアを訪れることができた」と語った。沿海地方行政府広報部が発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露日外務次官、軍備管理や朝鮮半島情勢について協議

2日、ロシア外務省のチトフ第1次官と日本外務省の秋葉事務次官が東京で一連の地域及び国際問題について協議した。ロシア外務省が3日、コメントを発表した。 ロシア外務省は「 政治対話の日程を含む、幅広い方向性での二国間関係の発展について協議された」と発表し、協力のポジティブな動きがみられると指摘した。 また外務省によると、軍備管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーチン大統領、カルムイク共和国首長代行に元キックボクシング世界王者を任命

ロシアのプーチン大統領は、同国南西部カルムイク共和国の首長アレクセイ・オルロフ氏が辞任したのを受け、元キックボクシング世界王者で政治家のバトゥ・ハシコフ氏を首長代行に任命した。ロシア大統領府のサイトで発表された。 ハシコフ氏は「本日、大統領と面会した。私への信頼に対しウラジーミル・ウラジーミロヴィチ大統領に感謝している。そして現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル物理学賞の天野浩氏 研究の場をノボシビルスク大学へ? 現在、交渉中

ノーベル物理学賞の天野浩氏がシベリアの国立ノボシビルスク大学との間で交渉を行い、現地ノボシビルスクで研究活動を行う可能性を検討している。 14日、天野教授はノボシビルスク国立大学から名誉博士の称号とそれを表すバッジを授与された 天野浩氏は、世界初の青色LEDに必要な高品質結晶創製技術の発明で2014年にノーベル物理学賞を受賞して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青田琉園さん、本間一乃巴さん、杉本佑斗さん、角田寛和氏、在日本ロシア大使館および在新潟ロシア総領事館

2018年6月、東日本大震災で最も被害を受けた場所のひとつである福島県南相馬市から、三人の中学生がロシアを訪問した。彼らはサッカーW杯ロシア大会で日本代表を応援するとともに、福島で今何が起きているのか、本当のことを世界に向けて語るためにロシアを訪れたのだ。東日本大震災から丸8年が過ぎようとする直前、スプートニクは彼らと会い、ロシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧米の専門家はロシア潜水艦発射ミサイルを過小評価=独誌

独誌シュテルン(Stern)に寄稿した記事でゲルノート・クランペル記者は、ロシアの潜水艦発射型極超音速ミサイル「ツィクロン」が欧米の専門家の予想より格段に速かったと指摘した。 「ミサイルの速度は時速1万1千kmであるため、米国防総省に到着して壊滅させるのに5分あれば十分だ」。 空母「アドミラル・クズネツォフ」 ©…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more