テーマ:戦争

米、アフガン軍による同国全土の支配支援計画を放棄=NYタイムズ

米国の新アフガニスタン軍事戦略は第一に大型居住地の防衛に向けられる。アフガニスタン軍が同国全域を管理下に置く助けはしない。ニューヨーク・タイムズが文書の内容を知る3人の高官の話を基に報じた。 スプートニク日本 同紙によると、トランプ米大統領が昨年発表した戦略のうち、正式には公開されていない箇所は米国が支援するアフガン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮、今週にも米兵遺体返還へ=米メディア

北朝鮮、今週にも米兵遺体返還へ=米メディア 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は朝鮮戦争で戦死した米兵の遺体を最大200柱を引き渡す見通し。時事通信が米CNNテレビの報道をもとに伝えた。 金正恩朝鮮労働党委員長 © REUTERS / Pool via Reuters 米朝首脳会談は60点?共同声明に隠さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森元首相、プーチン大統領との会談について、日本が米国に追随せざるをえない理由について語る

日本の森喜朗元首相は産経新聞のインタビューで、日本が米国に追随しているのは米国が日本を助けてくれるからだと指摘し、これに注意を払うようプーチン大統領に求めたことを明らかにした。 スプートニク日本 © Sputnik / Maksim Blinov G20外相、北朝鮮を議論 河野氏「完全な核廃棄を」 森氏はイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダマスカス近郊の「ダーイシュ」最後の砦が一掃される【動画】

シリアの首都ダマスカス近郊にあるテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の最後の砦エリ・ハジル・アリ・アスワドが、シリア軍によって一掃された。通信社スプートニクの特派員が現地から伝えた。 スプートニク日本 エル・ハジル・アル・アスワドとヤルムーク・キャンプは、ダマスカスにおけるテロリストらの最後の砦。 本日ダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人体実験で悪名高い「軍医部隊」の資料、日本で機密解除【写真】

日本の国立公文書館が、関東軍に所属していた悪名高い「731部隊」の隊員ら約3600人の情報を機密解除した。同部隊は、戦後のソ連による軍事裁判で、捕虜に対して生物・細菌兵器を使った実験を行ったとして告発された。ロシア紙「コメルサント」が伝えている。 スプートニク日本 資料は、滋賀医科大学の西山勝夫・名誉教授…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領 米軍はシリアで露軍と「強硬極まりない武力衝突」を経験

トランプ米大統領は安倍首相との共同記者会見で、1月ほど前にシリアで「米軍とロシア軍の非常に激しい武力衝突」があったと語った。 スプートニク日本 共同記者会見の様子はホワイトハウスのサイト上で生中継された。 対露制裁に喘ぐ独企業を自由に ドイツが米国に要請へ WSJ報道 © AFP 2018 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア軍、ロシア製防空システムを公開【動画】

シリア軍、ロシア製防空システムを公開【動画】 シリア国防省は、シリア軍の最新防空システムの動画を公開した。動画は、シリア国防省のユーチューブチャンネルで公開された。 スプートニク日本 動画では、ロシア製発射装置「ストレレツ」も紹介された。「ストレレツ」は、ミサイル「9K38 イグラ」または「9K38 イグラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア国連大使が米国に警告 シリア攻撃なら手痛い結果に

ロシア国連大使が米国に警告 シリア攻撃なら手痛い結果に ロシアのネベンジャ国連大使は、米国はシリアに武力行使をした場合、手痛い目にあうと警告した。 スプートニク日本 ネベンジャ大使はシリア情勢を話し合う国連安保理会議の場で演説を行い、「しかるべくチャンネルを通して我々はすでに米国側に、シリアの合法的政府の要請でロシア人軍人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミンテルンの誕生と世界共産主義【CGS 世界と日本の戦争史 第22回】

コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)PHP研究所 江崎 道朗 Amazonアソシエイト by 日本は誰と戦ったのかベストセラーズ 江崎 道朗 Amazonアソシエイト by コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く展転社 江崎 道朗 Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア国防相 ロシア境界線でNATOの規模が4倍 上空偵察は3.5倍に

ロシアのショイグ国防相は、NATOがロシアに対して行う偵察活動の集中度が殊に高まっていることについて、ロシアとの西の境界線上空では従来の3.5倍、海域では1.5倍、西境界線に駐屯するNATO軍人の数は4倍に膨れ上がったことを明らかにした。 スプートニク日本 ショイグ国防相は国防省内の拡大会議の中でこれらの数値を挙げて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more