テーマ:戦争

ロシア国防省「ルガンスク(ルハンシク)人民共和国の解放完了」

ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は、ルガンスク(ルハンシク)人民共和国の解放完了をプーチン大統領に報告した。国防省が3日、記者団に発表した。 同省は、ロシア軍およびルガンスク共和国人民警察軍の共同軍事作戦の成功により、リシチャンスク市、さらにベロゴロフカ、ノヴォドゥルジェクス、マロリャザンツェヴォ、ベラヤ・ガラーなどの周辺居住区が完全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リトアニアにサイバー攻撃 国全体の「ネット遮断」は可能か2022年6月29日, 05:48 (更新: 2022年6…

https://jp.sputniknews.com/20220629/11751137.html リトアニアで発生した政府機関や民間企業のサイトに対する大規模なサイバー攻撃について、「Killnet」を名乗るハッカー集団が28日、犯行声明を出した。リトアニア国営メディア「LRT」などが伝えている。 LRTなどによると、27日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駐日ロシア大使館 リヒャルト・ゾルゲの墓前で大祖国戦争戦没者を追悼2022年6月22日, 22:21

https://jp.sputniknews.com/20220622/11658387.html 6月22日、追悼と悲しみの日に、駐日ロシア大使M.Y.ガルージンは、ベラルーシ、キルギスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンの大使と共に、ソ連の英雄、傑出した諜報員リチャード・ゾルゲとその仲間の記念碑に花と花輪を捧げました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナ情勢

ロシア国プーチン政権は、対日制裁でグローバリスト中核勢力の与党岸田政権幹部と日本共産党委員長志位和夫を永久にロシア国入国禁止対象者に選定し全世界に通知した。中国は共産党離党者1億人を超え大きな政治勢力を形成している。共産党離党者はマルクス主義、共産主義を学習し実践した経験者であり、共産主義社会の問題点を認識し改善の見込みなしと判断し離党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアで機密解除 昭和天皇の引き渡しを米国に要請したソ連外交文書

https://jp.sputniknews.com/20210903/8669435.html 第二次世界大戦時の生物・細菌兵器の開発と使用の罪で、日本の主要な戦犯を引き渡すよう求めたソ連外交文書を米国が無視していたことが分かった。ロシア外交政策アーカイブの機密解除文書で明らかになった。名簿の筆頭は昭和天皇だった。 名簿の48…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナへの化学兵器対応の防護マスクやドローン提供の目的について日本は説明すべき=露下院副議長

https://jp.sputniknews.com/20220420/10666083.html ロシア下院の副議長でウクライナにおける米国の生物学研究所の活動を調査する議会委員会の共同議長を務めるイリーナ・ヤロバヤ氏は19日、日本が化学兵器対応の防護マスク・防護衣及びドローンをウクライナ政府へ提供すると発表したのを受け、これに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゾフ大隊の副司令官がSNSで第三国に支援要請、マリウポリから兵士らを救出せよ

https://jp.sputniknews.com/20220421/10678072.html ウクライナの準軍事組織「アゾフ大隊」(ロシアで刑事訴追される)のスヴャトスラフ・パラマル副司令官は、「第三者」による支援のもとであればマリウポリから退避する用意があると表明した。副司令官のビデオメッセージはSNSで拡散されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリウポリでウクライナ第36海兵旅団の司令官を殲滅=ドネツク人民共和国民警

ドネツク人民共和国の人民民警は、4月11日から12日の深夜、マリウポリのイリイチ製鉄所の封鎖を突破しようとした際の戦闘で、最大50人のウクライナ軍を殲滅したと報告した。その中に、ウクライナ第36海兵旅団の司令官が含まれていたことが判明した。 ドネツク人民共和国の人民民警によると、4月11日から12日の深夜、ウクライナ第36海兵旅団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人 ロシア人捕虜の拷問映像に衝撃を受ける

https://jp.sputniknews.com/20220328/10477971.html ウクライナの民族主義者がロシア軍兵士を拷問する様子を捉えた動画が、中国のSNS「微博(ウェイボー)」に投稿されたところ、ユーザーが強い反応を示していることが分かった。憤慨したユーザーは、ウクライナ軍の行為をナチスの犯罪者にたとえて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーランドに駐留する米軍部隊、ベラルーシとの国境へ移動

米国は、ポーランドに駐留する米軍部隊をベラルーシとの国境へ移動させている。Sputnikベラルーシが報じている。 Sputnikベラルーシは、SNS「TikTok」から動画を投稿した。動画には、米国旗を掲げた装甲車の車列がボブロブニキーベレストヴィツァ国境検問所に向かっている様子が映っている。 Sputnikベラルーシは、この地点か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナの衝突が国外に飛び火するのを断固阻止=NATO事務総長

NATO(北大西洋条約機構)はウクライナにおける衝突が制御不能となり、国外に拡大することを阻止するため、全力を尽くす。NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長がNBCテレビの取材に応じた中で表明した。 ストルテンベルグ事務総長は取材の中で次のように発言した。 我々の責任はこれまで様々な方法でもって実行してきた通り、ウクライナを支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコは米国に反発、ロシア製の地対空ミサイルはウクライナ軍に提供しない=トルコ野党代表

米国はロシア製地対空ミサイルシステムS-400をウクライナに提供するようトルコ政府に要請しているものの、トルコ政府がこの圧力に屈することは無い。トルコの保守政党「祖国」のドウ・ベリンチェク書記長がリアノーボスチ通信の取材に応じた中で表明した。 先にロイター通信が消息筋の証言をもとに報じたところによると、米国政府はトルコが所有するロシア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国 ロシアへの制裁を背景とした石油交渉で失敗

英国のボリス・ジョンソン首相は、サウジアラビアとアラブ首長国連邦との交渉の結果、石油採掘の増加を公式に約束することが出来なかった。ロイター通信が報じた。 ウクライナでのロシアの軍事作戦の開始を背景としたエネルギー資源の価格高騰が、英国首相にアラブ首長国連邦およびサウジアラビア政府に原油採掘の増強を要請させることを余儀なくさせた。ロイタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本はウクライナの義勇兵募集を食い止めていない 日本側に責任=露外務省

ロシア外務省のザハロワ報道官は17日のブリーフィングで、日本はウクライナでの軍事行動に参加する日本人の募集を食い止めていないと指摘し、彼らの命に対する責任は日本側が負うことになると警告した。 まず日本は無条件に従って米国と欧州連合(EU)がロシアに対して開始した制裁と情報戦争のしんがりをのろのろと行き、そして、外交官を装った外国の代表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナでの出来事がNATOとロシアの戦争に発展してはならない=ストルテンベルグ事務総長

北大西洋条約機構(NATO)のイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、ウクライナでの出来事がNATOとロシアの戦争に発展してはならず、それはより多くの犠牲者を出すことになるとの考えを示した。 CNNトルコによると、ストルテンベルグ氏は、「NATOはロシアの行動について鋭く反応した。我々は何万人ものウクライナ人兵士を訓練してきた。占領軍と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナ戦争の背景

 2022年2月下旬ウクライナで戦争が始まった。ウクライナ国には多数のロシア系住民が生活している。2021年頃からウクライナ政府正規軍、ウクライナ傭兵部隊、ウクライナ特殊部隊がウクライナ在住のロシア人を大砲等爆発物、機関銃拳銃を使用して殺害を始めた。 ドネツク州、ルガンスク州はウクライナに属しているがロシア人が多くロシア政権は自治国家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドンバスにおける情勢はどのように進展してきたか

https://jp.sputniknews.com/20220221/10223493.html ウクライナ東部ドンバスにおける軍事情勢は18日、著しく緊迫化した。境界線付近では終日砲撃があり、ドネツク市中心部では大きな爆発が発生した。状況悪化により、住民はロシア側への避難を開始している。 ここ数ヶ月、ドネツク・ルガンスク両人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スターリンはなぜ北海道占領計画を放棄したのか?

今年4月、ロシアのプーチン大統領は9月3日を「第2次世界大戦終結の日」とする法案に署名した。日本の降伏文書が調印されたのは1945年9月2日。同年、ソ連では9月3日を「対日戦勝記念日」と定めて祝日とすることが正式に承認された。一方、それから2年後、「対日戦勝記念日」は労働日となり、祝日としては次第に忘れられていった。ただサハリンと極東の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more