テーマ:ベーシックインカム

経済社会におけるベーシックインカム制度の役割とは

ベーシックインカム制度 政府が国民に対し、無条件で一定金額の現金を支給する社会保障制度を「ベーシックインカム」といいます。18世紀末に活躍した哲学者、トマス・ペインとトマス・スペンスらが提唱し、1900年代後半から国家レベルでの導入が議論され一部の国では実施されている。 ベーシックインカムの目的は、全国民が最低限の生活を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富の格差が開いていく世界 ベーシックインカム(生活保護)によって中間層社会を取り戻すには

富の格差が開いていく世界 ベーシックインカム(生活保護)によって中間層社会を取り戻すには ベーシックインカムへの道 ―正義・自由・安全の社会インフラを実現させるにはプレジデント社 ガイ・スタンディング Amazonアソシエイト by ベーシックインカムは究極の社会保障か: 「競争」と「平等」のセーフティネット株式会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日世界で注目されているベーシックインカム制度について

【今日世界で注目されているベーシックインカム制度について】 1、ベーシックインカム制度の理解  労働【有職】は公務であるという考えがベーシックインカム制度の根幹思想である。  ベーシックインカム制度の実務とは、国がすべての日本国民に消費者活動費として毎月一定額の資金供給を行う制度である。ただし、給付対象者は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more