テーマ:シリア

オーストリア女性 殺害前にダーイシュの「性奴隷」に

外国のマスメディアが、テロ組織ダーイシュ(IS.イスラム国)の戦闘員に合流しようとしてシリアに入った未成年のオーストリア女性2人の「その後」について新たな詳細を報じている。 ボスニア出身でオーストリア国籍を持つサムラさん(17)とサビナさん(15)は、家族に「私たちを探さないで、私たちはアラーに奉仕し、命を捧げます」との書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア大統領 IL-20機撃墜の2日後にプーチン大統領に弔電

シリアのアサド大統領はプーチン大統領に対し、ロシアのIL-20機撃墜について哀悼の意を示す弔電を送った。 「シリア国民を代表し、地中海でのロシア機の大破により、シリアでのテロ闘争という高邁な課題を遂行したロシアの英雄たちが戦死したことに対し、深い哀悼の意を表します。」シリア国営のシリア・アラブ通信(SANA)がアサド大統領の電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露軍によりシリア領内でテロリスト8万6千人以上、首領830人が殲滅 露国防省

露軍によりシリア領内でテロリスト8万6千人以上、首領830人が殲滅 露国防省 露国防省は22日、シリア領内でロシア軍が行った攻撃により、殲滅されたテロリストの人数は、武装戦闘員が8万6千人以上、首領は830人に上ったことを明らかにした。 スプートニク日本 YouTube上のロシア国防省のチャンネルにこれを発表した動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダマスカス近郊の「ダーイシュ」最後の砦が一掃される【動画】

シリアの首都ダマスカス近郊にあるテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の最後の砦エリ・ハジル・アリ・アスワドが、シリア軍によって一掃された。通信社スプートニクの特派員が現地から伝えた。 スプートニク日本 エル・ハジル・アル・アスワドとヤルムーク・キャンプは、ダマスカスにおけるテロリストらの最後の砦。 本日ダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領 米軍はシリアで露軍と「強硬極まりない武力衝突」を経験

トランプ米大統領は安倍首相との共同記者会見で、1月ほど前にシリアで「米軍とロシア軍の非常に激しい武力衝突」があったと語った。 スプートニク日本 共同記者会見の様子はホワイトハウスのサイト上で生中継された。 対露制裁に喘ぐ独企業を自由に ドイツが米国に要請へ WSJ報道 © AFP 2018 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア軍、ロシア製防空システムを公開【動画】

シリア軍、ロシア製防空システムを公開【動画】 シリア国防省は、シリア軍の最新防空システムの動画を公開した。動画は、シリア国防省のユーチューブチャンネルで公開された。 スプートニク日本 動画では、ロシア製発射装置「ストレレツ」も紹介された。「ストレレツ」は、ミサイル「9K38 イグラ」または「9K38 イグラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア国連大使が米国に警告 シリア攻撃なら手痛い結果に

ロシア国連大使が米国に警告 シリア攻撃なら手痛い結果に ロシアのネベンジャ国連大使は、米国はシリアに武力行使をした場合、手痛い目にあうと警告した。 スプートニク日本 ネベンジャ大使はシリア情勢を話し合う国連安保理会議の場で演説を行い、「しかるべくチャンネルを通して我々はすでに米国側に、シリアの合法的政府の要請でロシア人軍人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露軍がシリア「アル=ヌスラ戦線」に報復 Su-25へのミサイル攻撃を受けて

ロシア軍部は、シリア、イドゥリブ県のテロ組織「アル=ヌスラ戦線」の占拠地区からの露爆撃機Su-25に対するミサイル攻撃に報復し、同地区へ攻撃を行った。ロシア国防省の声明をスプートニクが報じた。 スプートニク日本 国防省の声明によると、イドゥリブ県の「アル=ヌスラ戦線」の占領する地区からロシアのSu-25に対して 携帯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米、シリアでダーイシュ(IS)戦闘員による新たな武装部隊を創設

米国の教官らの指導のもと、シリア北東部ハサカ県の難民キャンプで「新シリア軍」と呼ばれる武装部隊が創設されつつあると、ロシアの「シリア敵対方面和解センター」が発表した。 スプートニク日本 自宅に戻った複数の難民の証言によると、訓練課程修了後に創設される武装部隊は、シリア政府軍と戦うため同国南部に移動すると米軍人が発表し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国は2021年のシリア大統領選までアサド政権を認めるのか?

ホワイトハウスはシリアのアサド大統領が2021年の大統領選挙まで政権に残ることに同意する構えを示した。ニューヨーカー紙が米国および欧州の複数の役人の発言を引用して報じた。 ニューヨーカー紙はこの決定について、アサド氏は平和樹立プロセスの枠内で大統領の職を退くべきと唱え続けてきた米政権の態度を一変させるものと指摘している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露軍参謀本部 シリアは「ダーイシュ」から完全に解放された

シリアはテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」から完全に解放され、「ダーイシュ」の残党は同国東部デリゾールでシリア軍のハサン・スヘル将軍が撃滅した。ロシア軍のゲラシモフ参謀総長が明らかにした。 テロと戦うどころか投資する欧米諸国がある=シリア外務次官 © REUTERS/ Rodi Said テロと戦うど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア防空システム イスラエルのミサイルを再び迎撃

シリアの防空システムは、ダマスカス西部の施設を標的としたイスラエルのミサイルを迎撃した。各メディアが情報筋をもとに伝えた。 情報筋は「イスラエルはダマスカス近郊の学術研究センターを標的として6発のミサイルを発射したが、シリアの防空システムがこのうち3発を迎撃し破壊した」と明かした。 シリア軍、「ダーイシュ」から押収した武…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア国営テレビ「イスラエルによるミサイル攻撃を撃退」

シリアの防空システムがイスラエルによるミサイル攻撃を撃退したと、シリア国営テレビ「シリアニュースチャンネル」が伝えた。 それによると、現地時間2日未明の0時30分頃、イスラエル軍がダマスカス近郊の陣地に向けて地対地ミサイルを数発発射したものの、「防空システムがこれらを撃退し目標を2つ破壊した」。陣地にも物的損害があったという。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露米首脳はシリアについて何を合意したのか

プーチン大統領とトランプ大統領は、シリアの紛争に軍事的解決はないことで一致し、国連安保理決議第2254号に則ったプロセスの枠組みで最終的な政治的解決を探す必要性を確認した。両首脳は共同声明を発表した。 スプートニク日本 両首脳は、「これらの措置は憲法改正や、国連の監視のもとでの最も高い国際基準、透明性、説明責任の遵守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダーイシュ」からアブ・カマル解放 シリア軍が公式に確認

シリア軍は、「ダーイシュ(IS、イスラム国)最後の砦を破壊し、シリア東部デリゾール県アブ・カマルに対する完全なコントロールを取り戻した。シリア軍司令部が発表した。 スプートニク日本 先にシリア政府軍はアブ・カマルを包囲していた。現在、軍によってテロリストが残した地雷の除去作業が行われている。 またシリア軍は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダーイシュ(IS)」の外国人戦闘員で最多はロシア人

イラク、シリアで跋扈する国際テロ組織「ダーイシュ(IS)」に加わる外国人戦闘員の中で、ロシア国籍を持つ者が最多であることが米国の分析会社「Soufan Group」が行った調査で明らかになった。 スプートニク日本 調査の結果は、同社のまとめたレポート「カリフ制度を超えて:外国人戦士とその帰還のもたらす脅威」に記されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米有志連合の空爆でラッカの数千人死亡=露国防省

ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は、シリア・ラッカで米軍主導の有志連合が行った空爆により数千人の民間人が死亡したと発表した。 スプートニク日本 コナシェンコフ報道官はさらに米政権の報道官らが発表する、ラッカでのダーイシュ(イスラム国、IS)に対する「突出した勝利」についての「勇壮な声明」は困惑を引き起こすとして次の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッカ完全解放 ダーイシュ「首都」=メディア

中東の衛生テレビ局アル・アラビーヤが情報筋の話を基に報じるところ、過激派組織「ダーイシュ」(イスラム国、IS)が首都と位置づけるシリア北部ラッカの解放が完了した。 情報筋によると、残った戦闘員は武器を置き、シリア民主軍(SDF)に投降した。 ラッカは2013年からダーイシュの支配下にあった。2016年には米軍主導の有志連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア軍攻撃を受けた「ヌスラ戦線」の首領 昏睡状態に

ロシア航空宇宙軍の攻撃を受けたシリアの国際テロ組織「ヌスラ戦線」の首領アブ・ムハムメド・アリジュリャニが昏睡状態に陥った。 露国防省 シリア「ヌスラ戦線」司令部攻撃の動画を公開 報道官は「ロシア航空宇宙軍が『ヌスラ戦線』司令部を殲滅したこと、そして首領のアブ・ムハムメド・アリジュリャニが昏睡状態に陥ったとする情報によって、イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【訃報】シリアでロシア将官が射殺

ロシア国防省は24日、ロシアのワレリー・アサポフ中将がシリア・デイルエッゾル県で国際テロ組織「ダーイシュ(IS,イスラム国)」に攻撃されて、死亡したと発表した。スプートニク通信が伝えた。 アサポフ中将は死後、国家勲章を受けた。 16日、シリアのデリゾール市で「ダーイシュ」の武装戦闘員らがシリア軍に投降した。この前日、シリア軍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露海軍の潜水艦、シリアのテロリスト拠点にミサイル発射

ロシア国防省は、黒海艦隊の潜水艦「ヴェリーキー・ノヴゴロド」がシリアにあるテロリストの施設に向けて巡航ミサイル「カリブル」を発射したと発表した。 スプートニク日本 巡航ミサイルは地中海の水中から現地時間10時11分(日本時間16時11分)に発射。標的となったのは、シリア・イドリブ県にある国際テロ組織アル・カイダ系の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米特殊部隊がシリアでゲリラ戦を開始

ロシア軍とシリア軍はシリア・イドリブ県で過激派の攻撃を撃退した。シリアの緊張緩和地帯(安全地帯)への攻撃の目的について、政治学者ミハイル・スモリン氏がスプートニクに見解を示した。 国際テロ組織アル・カイダ系の「シリア征服戦線(旧ヌスラ戦線)」のテロリストが19日、シリア北西部で攻撃を展開。ロシア軍警察の部隊を包囲した。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米CIA、シリア反政府武装勢力に南東部からの撤退要請 その背景とは?

米中央情報局(CIA)は、反体制派武装勢力「自由シリア軍」の2つの武装集団に対し、シリア南東部での戦闘を停止するよう求めた。ロイター通信が外交筋と反体制派関係者からの情報をもとに伝えた。 ロシア軍 シリアの「ダーイシュ(IS)」戦争大臣を殺害 武装集団の「ジェイシュ・ウズド・アル・シャルキヤ」と「シャヒド・アフマド・アブド」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリアで2万5千人規模のテロ集団が新たに組織

シリアで「ヌスラ戦線」をトップとする大規模な新テロ組織が組織されている。露連邦軍参謀本部のイーゴリ・コロボフ長官が明らかにしたところによれば、組織の名称は「ヘイアト・タフリル・アシュシュアム」で武装戦闘員の数は2万5千人を上回っている。 コロボフ長官の声明によれば、シリアでは70以上ものならず者らの組織統合が行われ、こうした中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア軍 シリア最後の拠点に向かうISの車列を破壊【動画】

ロシア航空宇宙軍が、シリア北東部の都市デリゾールに向かっていた「イスラム国(IS)」の車列を破壊した。ロシア国防省が声明で発表 Минобороны обнародовало видео разгрома боевиков ИГИЛ в сирийском Дейр-эз-Зоре シリア、米軍主導の有志連合解散を国連に呼び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア国防省 アレッポを「ダーイシュ(IS)」から完全解放

シリア軍は国際テロ組織「ダーイシュ(IS,イスラム国)」に占拠されていたアレッポを完全に解放した。シリア国防省政治部情報課の副課長、サミル・スレイマン陸軍大将がスプートニクに対して明らかにした。 スプートニク日本 スレイマン陸軍大将は現在、アレッポには「ダーイシュはもういない」と語っている。 これより前、ロシア軍参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スホイ22撃墜 シリア内戦は新たな局面を迎える?

米軍の戦闘機がシリア軍の戦闘機「スホイ22」(SU-22)を撃墜したことを受けて、ロシアはシリア上空での衝突を回避する米国との覚書の枠組みでの協力を停止した。ロシア国防省が発表した。また、国防省はユーフラテス川沿いに「レッドライン」(越えてはならない一線)を引いた。 スプートニクのインタビューに対して、軍事専門家コンスタンチン・シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more