テーマ:科学

日本「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に着陸

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、同日午前10時20分ごろに小惑星探査機「はやぶさ2」から小惑星「リュウグウ」に着陸したことを示すデータが送られてきたと発表した。 NHKが報じたところによると、現在、JAXAは着陸に成功したかどうか、データを最終的な分析を進めている。 「はやぶさ2」は2018年6月には「リュウグウ」の上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小惑星リュウグウの不思議な異常 JAXAが「はやぶさ2」の画像を読解

日本のJAXAは小惑星探査機「はやぶさ2」から送られてきたリュウグウの新たな写真についての記者会見を開いた。 スプートニク日本 写真からリュウグウの自転が変わった性格を持ち、重力異常が大きいこと、また赤道付近に標高の高くない岩塊やクレーターが複数あることを示していると説明した。 はやぶさ2 CC BY…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有害宇宙線から人体を守るのは・・・プルーン!

マウス実験により、将来の深部宇宙有人探査で人類を有害宇宙線から守るのにプルーンが有効であることが分かった。ネイチャー誌が報じた。 ISSの住人たちは地球の磁力圏にまもられているが、火星その他の惑星へのフライトでは宇宙線が危ないかもしれない。 宇宙線を浴びると骨を溶かす細胞の活動が活性化し、骨がもろくなる。 NASA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際宇宙ステーション(ISS)

人工衛星「光明星(クァンミョンソン)4号」を軌道へ投入した北朝鮮のロケット「銀河3号」の1段が、国際宇宙ステーション(ISS)の近くを通過したが、ISSに危険のない距離だった。米航空宇宙局(NASA)が発表した。 続きを読む http://jp.sputniknews.com/asia/20160212/1594947.html#…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮、太陽電池バスを運行させる

朝鮮中央通信によれば、港湾都市ナムポの科学技術委員会が太陽電池で走るバスを運行させた。 韓国 うつ病が原因で1年間に50万人以上が入院 同委員会のチョン・インソン代表によれば、バスは32100ワットの容量をもつパネルから、常時95キロワットのエンジン出力を得て走行する。 「70人から140人の乗客を乗せて、時速25…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際宇宙ステーション、NASA飛行士が船外活動、生中継

国際宇宙ステーション滞在の米国のスコット・ケリー、チェル・リンドグレーン両飛行士は船外に出た。RTテレビは船外活動の模様を生中継している。 飛行士らはステーションの刷新と技術サービス作業を行っている。 続きを読む http://jp.sputniknews.com/science/20151106/1132605…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮、太陽光で動く市バスを開発

北朝鮮は2日、太陽電池で動く市バスをお披露目した。韓国の聨合ニュースが、朝鮮中央放送を引用して報じた。朝鮮中央放送によれば、既にバスは完成し、黄海の沿岸にある港町の南浦(ナムポ)で、乗客を乗せている。バスの天井部分は32枚の100ワットの太陽光パネルで覆われており、これらのパネルは発電した電気を蓄えておくための、50台のコンデンサーと連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラックホールと地球・太陽

引力のある地球、太陽など星そのものがブラツクホールではないか 地球は、宇宙の物質【流れ星】を引力により引きつけ少しづつ大きくなってきたのではないか。 人間とは、宇宙人そのものである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水素の時代がやってくる

「水素は新しいエネルギーのタイプであり、水素の時代が今やってこようとしている。」これは、川崎重工の三浦良三氏が述べた言葉だが、予言的な響きがある。新しい工業技術の導入において世界のリーダー的立場にある川崎重工は、ロシア極東マガダン州のコリマ河岸に液体水素生産工場を建設する意向だ。このタイプの燃料は、日本でますます人気を集めており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more