テーマ:北朝鮮

バイデン氏勝利の場合 北朝鮮は存在アピールの可能性 専門家の意見

https://sptnkne.ws/Engv ロシア極東連邦大学地域国際研究学部のアルチョム・ルキン副学部長(学術担当)は、米大統領選でジョー・バイデン氏が勝利した場合、北朝鮮最高指導者との会談は避けるであろうとの見方を示した。北朝鮮は交渉の場で米国を脅す可能性があるため、としている。 ルキン氏は「バイデン氏が勝利した場合、ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりに帰国した正恩氏の叔父、金平一氏は後継者になるか

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が存在する限り、金正恩氏の叔父、金平一氏が指導者の後継者となる可能性があると長年考えられてきた。正恩氏の健康状態が不明な今、平一氏について再び噂されるようになった。 金平一氏(65)は、北朝鮮の初代最高指導者、金日成氏の現存する最後の息子として知られている。平一氏は異母兄の金正日氏との権力抗争に敗れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ氏が訪日を急ぐ理由は?

ホワイトハウスは、トランプ米大統領が5月25日から28日にかけて訪日すると発表した。前回の訪日は2017年11月。だが、今年の2019年には、短い間を挟んで、2度日本を訪れるつもりだ。6月末には大阪で主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開かれるためだ。スプートニクの取材に応じ、日本に詳しいロシア人専門家は安倍首相との日米首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の短距離ミサイル「ごく普通のもの」とトランプ氏

トランプ米大統領は10日、北朝鮮が9日に発射した飛翔体について「信頼を裏切る行為とは全く考えない」と表明した。ロイター通信がポリティコ紙の報道を引用して伝えた トランプ氏は、北朝鮮が発射した飛翔体は短距離ミサイルで「ごく普通のものだ」と指摘した。また、金正恩朝鮮労働党委員長に対する信頼を損なう可能性について「いずれかの時点でそれも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーチン大統領と金氏の初の首脳会談が終了 約3時間半に及ぶ【写真】

ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の1対1形式での会談は約2時間、両国の代表団が加わった拡大会合は1時間40分続き、会談は合わせて約3時間半に及んだ。 拡大会合終了後、代表団はレセプションに向かった。レセプションでは金氏の要望により、ロシアの伝統料理が振舞われる。 首脳会談後には共同声明も発表されず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金正恩氏:ずっと前からロシア訪問を夢見ていた【動画】

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、ロシア極東ウラジオストへ向かう途中、北朝鮮と国境を接するロシア極東沿海地方ハサンの駅で、「ロシアについて良いことをたくさん聞いたことがあり、長い間ロシアを訪れることを夢見ていた。私が北朝鮮を率いてからすでに7年が経過したが、今ようやくロシアを訪れることができた」と語った。沿海地方行政府広報部が発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

襲撃受けた北朝鮮大使館、警察が家宅捜索 武器大量に発見

スペイン警察が2月に何者かの襲撃を受けた在マドリード北朝鮮大使館を家宅捜索したところ、大量の武器が見つかった。西紙エル・ムンドが報じた。複数のメディアは、米中央情報局(CIA)が襲撃に関与した可能性があると報じている。 エル・ムンド紙が報じるところ、家宅捜索で警察はライフルと散弾銃、いくつかの拳銃を発見した。襲撃犯がこれらの武器全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮にはよく組織された密輸がある

アメリカインド太平洋軍の司令官、デービッドソン海軍大将は記者会見で、北朝鮮による石油と石油製品の密輸追跡に更なる力を注ぐと約束した。 スプートニク日本 この記者会見では北朝鮮への石油製品密輸を哨戒機で追跡した結果に関する機密諜報報告書の一部が発表された。2017年10月から500回の哨戒機航行が行われ、東シナ海と南シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜトランプ氏は金正恩氏との会談に同意したか ホワイトハウス消息筋

トランプ米大統領が朝鮮民主主義人民共和国の指導者、金正恩氏との会談に同意した理由について、ホワイトハウスのスポークスマンは匿名を条件に、正恩氏が北朝鮮で唯一意思決定をとることのできる人物だからだと説明した。米国のマスコミが一斉に報じている。 スプートニク日本 「金正恩氏は彼ら(北朝鮮)の権威主義的な、権威主義的ないし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金正恩氏は90年代にブラジルの旅券で来日=メディア【写真】

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の故金正日総書記と金正恩朝鮮労働党委員長が1990年代に偽名でブラジルの旅券を取得した。ロイター通信を引用し共同通信が伝えた。 スプートニク日本 ロイター通信が金正恩氏の旅券のコピーを掲載し、同氏は1991日に偽名で日本に入国したと発表した。一方、同旅券の発給日は1996年2月26日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米諜報機関の「最大の誤算」 北朝鮮の核開発能力の過小評価を認める

ニューヨーク・タイムズ紙が政府関係筋と安全保障筋の話として伝えたところ、米諜報機関は、北朝鮮の核・ミサイル開発の可能性を大きく過小評価していたと認めた。 トランプ大統領の任期初めに情報機関が出した報告によると、北朝鮮が米国まで到達可能なミサイルを作るには4年ほど必要とされるため、兵器開発を妨害する時間がある。 北朝鮮のミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国連事務総長 北朝鮮との戦争を起こさぬよう呼びかけ

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、国際社会は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との戦争を起こさないための措置を講じねばならないとする声明を表した。 スプートニク日本 「起こりうる最悪な事態は、劇的な結果をもたらしかねない戦争に我々全員が夢遊病者のように引き込まれてしまうことだ。」グレーテス事務総長は危惧の念をこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露国防省:ロシア代表団は北朝鮮のミサイル・核問題の解決を促進するために訪朝した

露国防省:ロシア代表団は北朝鮮のミサイル・核問題の解決を促進するために訪朝した 13日、ロシア国家防衛管理センターのカルガノフ副所長率いるロシア国防省の代表団が12日に北朝鮮に到着したと報じられた。ロシア国防省付属社会評議会は同報道についてコメントし、訪朝は北朝鮮のミサイル・核問題の解決を促進するためだとの考えを示した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争の原点になるものとは

  戦争の原点  日本国を陥れている勢力とは、ハザールマフィア組織の中枢であるイルミナティ組織であり、その実行部隊であるCIAとそのエイジェントである。ロシア国はソ連時代の1953年6月26日ロシア人の軍部隊が総決起し、内務大臣で秘密警察長官ベリアとハザール国王末裔の副首相カガノビッチ逮捕等でハザールマフィア組織のくびきからロシア人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮外務省「半島での戦争は不可避」

米韓合同軍事演習と米高官らによる最近の発言は、米国が朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対する攻撃を準備していることを証明するものだと、朝鮮中央通信が北朝鮮外務省への取材をもとに報じた。 スプートニク日本 それによると、北朝鮮外務省は「米国の政治家らによる好戦的な発言と我が国に対して向けられた演習に懸念を抱いている」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国連のフェルトマン事務次長が北朝鮮に到着

国連のフェルトマン事務次長(政治局長)が北朝鮮に到着した。同氏は北朝鮮の外相と会談する。また北朝鮮の朴明国外務次官や平壌で働く国連の代表者や外交官らとも会談する。 フェルトマン氏は平壌訪問中に「幅広い問題について議論」するという。 スプートニク日本 同レベルの国連代表者が最後に北朝鮮を訪問したのは約8年前。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮が米国との交渉条件を提示 訪問から帰国の露下院議員がスプートニクに独占インタビュー

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から帰国したロシア下院(国家会議)のヴィターリ・パーシン議員は、北朝鮮は交渉を開始するために核大国としての認識されることを求めていないことを明らかにした。パーシン議員はスプートニクからの訪問を総括したインタビューのなかでこう語った。 北朝鮮が米国との交渉条件を提示 訪問から帰国の露下院議員がスプート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮がミサイル『火星15』発射の映像を公開【動画】

30日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の国営テレビが弾道ミサイル『火星15』の発射を撮影した映像を公開した。 スプートニク日本 映像はミサイルが移動式発射台に搭載され、発射場所へと移動する様子からスタートし、その後、ミサイルの設置と発射の様子を見守る金正恩氏の姿が映し出されている。ミサイルはカウントダウンの後、オレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮「新たなミサイルは米国のあらゆる地点に到達可能」

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、弾道ミサイル「火星15型」の実験に成功し、この新たなミサイルは米国の全領土にある目標を破壊できる性能を持っていると、朝鮮中央テレビが伝えた公式声明で主張している。 北朝鮮に明るい未来はない=菅官房長官 また、実験は近隣諸国の安全保障に影響を与えなかったとしている。 声明では、「ミサイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮は米国の攻撃から防衛するための化学兵器を保有している=専門家

朝鮮民主主義人民共和国は化学兵器を保有しており、米国による攻撃可能性からの防衛戦略の一部としてこれを使用する用意がある - ロシア科学アカデミー世界経済・国際関係研究所国際安全センターのピョートル・トプィチカノフ上級学術職員が見解を示した。 北朝鮮紙、「戦争始める危険な事態」 トランプ米大統領を非難 トプィチカノフ氏は「北朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NATO加盟国は北朝鮮のミサイルの射程内にある NATO事務総長

NATOのストルテンベルグ事務総長が読売新聞のインタビューに応じ、欧州もNATO加盟国も北朝鮮のミサイルの射程内に入ったとの認識を示した。29日、読売新聞が報じた。 スプートニク日本 読売新聞によると、ストルテンベルグ事務総長は「欧州も(北朝鮮の)ミサイルの射程内に入ったと認識している。NATO加盟国も既に危機にさら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮、「米国の手先の日本、海に葬る」と威嚇

朝鮮民主主義人民共和国の朝鮮アジア太平洋平和委員会は28日の報道官談話で、安倍政権が11月初めのトランプ米大統領の訪日の際に、北朝鮮の拉致・核・ミサイル問題の解決や日本人拉致問題を中心議題のトップにに据え、圧力強化を求める方針だと示した。時事通信が朝鮮中央通信を引用して報じた。 米国、朝鮮半島周辺で空母3隻同時展開 「世界唯一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CIA長官、金正恩が「消えたら」どう反応するか語る

CIAのポンペオ長官は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「突然死ねば」、どう反応するかを語った。サウス・チャイナ・モーニング・ポストが報じた。 ポンペオ長官は金正恩氏の物的排除に関する質問に答え、「CIAの歴史を考えると、もし金正恩氏が消えなければいけないのなら、私はそのことについて話さないだろう」とした上で「この省にとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮団体、米韓合同演習を「布告なき戦争」と非難 「米本土の焦土化」を警告

北朝鮮団体、米韓合同演習を「布告なき戦争」と非難 「米本土の焦土化」を警告 朝鮮民主主義人民共和国の団体「朝鮮平和擁護全国民族委員会」は19日、米韓両軍による海上合同演習に関し、「米国が事実上、われわれに対し宣戦布告なき戦争を開始した」と非難した。また「戦争を仕掛けてくるなら、われわれは想像できない超強硬対応で米本土の焦土化という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮 米国に「予期せぬ、あり得ない」攻撃を約束

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は米国に対し、最も「予期しない瞬間」に「考えもつかないような」攻撃をしかけると警告した。聯合ニュースが19日、朝鮮中央通信に掲載された声明を引用して報じた。この声明は、米韓の海軍が朝鮮半島の近海で米空母「ロナルド・レーガン」率いる船団を用いて合同軍事演習を行っていることに関して出されたもの。 北朝鮮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーチン大統領、北朝鮮に制裁発動

プーチン大統領は北朝鮮に対する一連の制限に関する国連安全保障理事会決議案を履行するための措置についての大統領令に署名した。 北朝鮮によるミサイル・核実験実施を受けて、プーチン大統領は制裁を適用する旨の大統領令に署名した。 ロシアの法的情報の公式インターネットポータルに掲載された大統領令は、2016年11月31日に採択され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more