テーマ:生存権

人間の生存に必要な資金について憲法上の規定の解釈

 人間の生存に必要なものは衣食住である。 この衣食住に必要な物を家族で全部作ることはできない。 物々交換では能率が上がらない。そこで登場したのが貨幣・紙幣などの通貨である。 昔は、地域の王、国王など権力者が通貨を製造し、市場に供給していた。 江戸時代は、幕府発行金銀銅通貨と各藩の発行する紙幣が国家公認の貨幣・紙幣制度となった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活資金を国に請求する権利の根拠・・・憲法第25条生存権

人間が社会生活を営むためには、自分で作ったものだけでは不十分である。そこで、他人が作ったものを手に入れる必要がある。そのためには貨幣が必要である。貨幣を手に入れるためには働く必要がある。では、働く機会のない人、病人、高齢者、子供等は働いて貨幣を手に入れることができない。ほっておけば、死ぬしかない。 しかし、日本国には憲法で次の規定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生存権=通貨発行権

生存権の規定  日本国憲法の根本精神は、主権在民である。 日本国憲法条文 第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない  日本国民には、日本国憲法25条に規定する生存権に基づき、生存に必要な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人の生存権の補償措置

日本国憲法 第25条は、日本国憲法第3章にあり、社会権のひとつである生存権と、国の社会的使命について規定している。 条文 第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない あらゆる問題を解決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more