テーマ:ニユース

ワルシャワでの民族主義者の行進でウクライナ国旗燃やされる(動画)

ポーランドの首都ワルシャワで「ポーランド独立の日」に合わせ金曜日に行われた民族主義者らの行進で、ウクライナ国旗が燃やされた。ポーランドの新聞「Gazeta.」が伝えた。同紙のインターネット版には、民族主義者の一部がウクライナ国旗に火をつけ、その後、侮蔑し冒涜する言葉を叫びながら旗を踏みにじっている映像がのせられている。 ワルシャワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィナンシャル・タイムズ:クリントン一族の支配から脱し米民主党員は喜んでいる

大統領選でのクリントン氏の敗北を背景にした党改革の可能性に、米民主党員が喜んでいる。フィナンシャル・タイムズ紙が報じた。 © AFP 2016/ Saul Loebトランプ次期大統領、プーチン大統領からの「奇跡的な」手紙を語るほぼ25年前にクリントン夫妻は初めてホワイトハウスに着き、民主党での指揮系の高みを占めた。一方、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレゴン州のトランプ反対デモが無秩序状態に発展(動画)

トランプ氏の次期米大統領選出に反対して米オレゴン州ポートランド市で開始された抗議行動は過熱し、無秩序状態にまで発展した。ポートランド市警が発表。治安維持機関の発表によれば、抗議デモに参加した市民は交通を妨げ、店のショーウインドーを割っており、すでに数人が逮捕されている。デモ市民の数は明らかにされていない。 ポートランド市警は「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学説:死亡の70%以上が悪い習慣に起因

米国の研究者が生活の質に対する悪い習慣の影響を約200カ国について調べた。結果、死亡の約71%が正しくないライフスタイルに起因していることが分かった。 © Fotolia/ kasto漢方でがんの徴候完全消滅医学雑誌ランセットによれば死の原因はしばしば悪い習慣とそれらによって引き起こされる疾患である。非伝染性疾患による死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーチン大統領がトランプ氏に大統領選勝利の祝電、クレムリン

ロシアのプーチン大統領はドナルド・トランプ氏に対して米大統領選挙の勝利を祝い、2国関係の危機脱却をめざし共に作業を行なうことへの期待を表した。露大統領広報部が発表した。 © Sputnik/ Ramil Sitdikovプーチン大統領、「ロシアは米国に門を閉ざさず、米国民の信任の大統領と作業をする」プーチン大統領は祝電の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ氏が276票獲得で勝利、ワシントンポスト紙

共和党候補のドナルド・トランプ氏は276人の選挙人の票を押さえ込み、大統領選挙に勝利。ワシントンポスト紙がこうした予測を発表。同紙の予測では対するクリントン氏の獲得票は218。主要なTV局やAP通信は独自の統計モデルに基づき、票の集計作業を待たずに個々の州での勝利者を予測している。これらの予測は公式的な発表ではないものの、著しい権威…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ第45代米大統領 勝利演説「アメリカン・ドリーム」を新たに

この100年間で最もユニークな米大統領候補の一人であった共和党のドナルド・トランプ候補が、大統領選挙で勝利した。主要な対立候補だった民主党のヒラリー・クリントン氏は、すでに自分の敗北を認め、トランプ氏を祝福した。 © REUTERS/ Jonathan Ernstトランプ氏が276票獲得で勝利、ワシントンポスト紙 (動画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィリピンのドゥテルテ大統領 トランプ氏と協力の用意

フィリピンのドゥテルテ大統領は、米大統領選挙で勝利したトランプ氏に祝辞を送り、協力の意思を表明した。フィリピンのアンダナル大統領広報官の発表をロイター通信が報じた。広報官は、「大統領は相互の尊重、利益、民主主義の理想と法の支配への共通の忠誠を基盤とした新政権との協力、米国とフィリピンの関係強化を願っている」述べた。 先にドゥテルテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア空母グループ アレッポ郊外の戦闘員基地へミサイル攻撃を準備

ニュースサイト«gazeta.ru»に消息筋が確認したところでは、空母「アドミラル・クズネツォフ」グループが、ロシア黒海艦隊の艦船、戦略遠距離航空隊、さらにはフメイミム空軍基地からの航空機と共に行う主要任務は、アレッポへの突破を図ろうと準備している戦闘員らに対する遠隔空爆である。消息筋によれば「以前は、カスピ海か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米大統領選挙

11月8日、米国の50州と首都ワシントンで大統領選挙の投票が行われている。全米で最も早く投票したのはニューハンプシャー州の住民たち。東部標準時(EST)0時00分から投票が行われた。一番最後に投票できるのはニューヨークの住民で、投票所は21時に閉鎖となる。米国の50州と首都ワシントンに割り振られた選挙人538人の過半数270人以上を獲得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の「予言王」と呼ばれるサルが、次期米大統領を予言(写真、動画)

中国の「予言王」と呼ばれるサルが、米大統領選挙の結果を占い、ドナルド・トランプ氏の勝利を予言した。 Channel News Asiaによると、これまで数々の予言を的中させてきた「ゲダ」という名のサルは、自分の名前の書かれた黄色のTシャツを着て登場。米大統領候補のヒラリー・クリントン氏とドナルド・トランプ氏の段ボール製パネルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人専門家:トランプ氏が大統領になれば日露外交の自由度が増す

米国大統領選挙の結果は、将来の日露関係の行方にも大きく関わっている。リア・ノーヴォスチ通信社の元東京特派員で、アジア外交に詳しいジャーナリストのアンドレイ・イリヤシェンコ氏は、ドナルド・トランプ氏が米国大統領になれば、露米関係の雪解けに希望を抱くことができ、ひいては日露関係にとってもプラスであるという見解を示している。日本人専門家はどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米大統領選挙にロシアは介入せず、そうでなくとも戦いには問題山積

ペスコフ露大統領府報道官はクレムリンは米大統領選挙に介入する気はないことを明らかにした。 © REUTERS/ David Becker/Nancy Wiechec/Files米大統領選目前:トランプかクリントンか?ペスコフ報道官は記者団に対し、「これは完全に米国の内政だ」と語った。 報道官はまた、トランプ候補が投票で票…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米大統領選目前:トランプかクリントンか?

11月8日、モスクワでは昼休憩が、東京では労働時間が終わる頃、米国で大統領選挙の投票が始まる。全世界が米大統領選に注目しているが、これは偶然のことではない。米国の経済的、政治的、軍事的な全面的拡張は、同国が何らかの形でほぼ全世界のプロセスと関わりを持つことにつながった。 © REUTERS/ Joe Raedle…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米大統領選まで残すところ2日となり、世論調査では、民主党候補のヒラリー・クリントン氏の支持率が、共和

米大統領選まで残すところ2日となり、世論調査では、民主党候補のヒラリー・クリントン氏の支持率が、共和党候補のドナルド・トランプ氏を5%上回った。ワシントン・ポスト紙とABCによると、クリントン氏の支持率は48%。ワシントン・ポスト紙は、クリントン氏の支持者は同氏に投票し、トランプ氏の支持者はクリントン氏に反対票を入れるのではないかと指摘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露上院議長、米国は広島長崎の原爆投下に謝罪すべき

ヴァレンチーナ・マトヴィエンコ露上院議長は、1945年の広島長崎の原爆投下について米国は謝罪すべきとの声明を表した。 © AP Photo/ Shizuo Kambayashi日本、エネルギーブリッジ構想を討議するためロシアとの合同作業部会を創設する意向マトヴィエンコ上院議長は3日、訪問先の長崎で記者団から、原爆投下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドゥテルテ大統領:「私はロシアから全て必要なものを得る」

フィリピンのドゥテルテ大統領が、再び米国に腹を立てた。米国務省は、フィリピン警察への2万6000丁の突撃銃売却契約の解除を決めた。ドゥテルテ大統領は、この決定の責任者らを「サル」呼ばわりし、「バカ」扱いした。 © AFP 2016/ Ye Aung Thu 米国人は猿だというフィリピン大統領の発言に米国が応答一方で、多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリントン候補にとって最もふさわしい装飾品は手錠ー政治家

米ノースカロライナ州における共和党の代表者であるダラス・ウッドハウス氏は、MSNBCテレビに出演した中で、手錠を披露し「これこそクリントン民主党大統領候補に最もふさわしい装飾品だ」と述べた。 © Flickr/ Scott Bealeアサンジ氏の友人 クリントン候補選対本部長メール漏洩の背後に誰がいるかを語るそうしたパフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more