極東で初 巨大な珍魚リュウグウノツカイ発見 目撃者の証言【写真】

プリモルスキー地方(沿海地方)の住民が珍魚を発見した。巨大なリュウグウノツカイ(欧州では“ニシンの王”)である。現地メディアが伝えた。研究者らの話では、ロシアで発見されたのは初めてとのことだ。珍魚に出会った地元住民のウラジーミル・タラソフさんはスプートニク通信に感想を語った リュウグウノツカイ、あるいはベルトフィッシュは、太平洋、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海の怪物を訪れる:研究者らが珍しいカグラザメを撮影

カグラザメは世界の海洋で最も研究されていないサメの1つ。通常、カグラザメが人間に近づくことはなく、最大水深2500メートルの海底の近くに生息している。今年7月、「OceanX」プロジェクトのチームは、自然の環境に生息するカグラザメを至近距離で撮影することに成功した。 フロリダ州立大学の研究者グループは、水中機器で水深528メートル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more