ホワイトハウス、トランプ大統領がなぜメルケル首相と握手しなかったのかについて説明する

画像

画像

米ホワイトハウスのスパイサー報道官は、記者団から握手を求められて、ドイツのメルケル首相は応じる姿勢をみせたものの、なぜトランプ米大統領は握手をしなかったのかについて説明した。シュピーゲル が報じた。
スパイサー報道官は、記者団からの握手を求める声が大統領には聞こえなかったと思うと述べ、すべては「誤解」によって生じたと指摘した。

ホワイトハウスでの写真撮影で、記者団はトランプ大統領とメルケル首相に握手を求めた。メルケル首相はトランプ大統領に「握手しますか?」と呼びかけたが、トランプ氏はその質問に一切反応しなかった。

これを受けて多くのメディアがトランプ氏はメルケル首相を意図的に無視したとし、激しく批判した。シュピーゲルは、ホワイトハウスはこの状況にコメントし、両首脳の初会談の悪い印象を初めて払拭しようとしていると指摘している。

なおトランプ氏はツイッターに、メルケル首相と素晴らしい会談を行ったと書き込み、フェイスブックには記者会見後にメルケル首相の手を握っている写真を投稿した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0