インディペンデント紙:オバマ大統領は意図的にトランプ氏に害を与えることを決めた

オバマ米大統領は自身の外遊を、米ロ関係を損ねるために意図的に計画した。これはトランプ次期米大統領の生活を困難にすることを意味している。インディペンデント紙はこのような見方を報じた。
画像

© 写真: The White House/Pete Souzaオバマ大統領最後の外遊 14日からスタート記事の執筆者らは、オバマ大統領が少なくともウクライナ危機とシリア危機の件で、トランプ氏がロシアに歩み寄ることを望んでいないと繰り返し述べたことに言及している。 インディペンデント紙の記者たちは、ロシアとシリアにとって米国とのコンタクトの確立がさらに困難になるように、オバマ大統領がシリアの反政府勢力への支援を意図的に強化しているとの見方を示している。

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/politics/201611183028907/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0