電子戦のロシアの新しい戦略的システムは米軍とNATOの通信妨害可能に

ロシアで電子戦用の新たな戦略的システムが開発されている。開発企業のロシア「無線電子技術」社が明らかにした。このシステムは、米国とNATO同盟国の全ての軍事機関の通信を調整する米軍の高周波全地球通信システム(HFGCS)を妨害できる。
画像

© Sputnik/ Michael Klimentyevプーチン大統領、露軍増強の理由を説明ロシア「無線電子技術」社第一副社長ウラジミール・ミヘーエフ氏 は、開発品は「米軍やNATO加盟国で実現されている『統一情報通信空間を基に戦闘実施をネットワーク中心に制御するという』コンセプトに対する非対称的な答え」だと指摘した。 このコンセプトの肝は敵の情報場を乱し、指揮、ターゲット情報の迅速な取得と伝達を妨害することにあるとミヘーエフ氏は説明する。 「なによりも、この複合体はHFGCSのような短波域で機能するシステムに対抗することを目的としている」とミヘーエフ氏は述べた。

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/russia/201611143010618/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0