FBIが3時間半にわたってクリントン氏を事情聴取

米連邦捜査局(FBI)は2日、前国務長官で米大統領選挙に向けて民主党の指名獲得を確実にしているヒラリー・クリントン氏の所謂「電子メール問題」で、クリントン氏の事情聴取を行った。
画像


クリントン氏は、在任中の2009年から2013年に私的なサーバーを公務で使っていた。そのためクリントン氏は、機密情報が外国のハッカーの手に渡る恐れがあったなどとして非難された。

ワシントンにあるFBI本部で行われた事情聴取は、約3時間半にわたった。

FBIは、クリントン氏が追訴された場合に民主党が別の候補者を指名するために、民主党と共和党の党大会までに予備調査を終了する方針。