障害厚生年金の請求時・・・アスベスト吸引による肺ガンなど

障害厚生年金の請求・・・アスベスト吸引による肺ガンなど

 アスベスト(石綿)含有物は、昭和45年頃から製造使用が始まった。そして平成18年8月31日まで、製造使用利用ができた。アスベストは、断熱効果があるとして広く土木建築資材を製造する作業工程で、使用され、土木建築資材の中に含有された。
 解体業、建物修繕、建物への工作物の取り付け作業に従事する行程でアスベストを吸引し、中皮腫、肺ガンとなり、日本年金機構へ障害厚生年金、国民年金の障害年金を請求する場合、年金請求に際し、死傷病報告書の写しを添付してくださいといわれる場合がある。

 これについては、アスベスト吸引・じん肺による負傷の場合、企業は所轄の労働基準監督署へ死傷病報告書の提出義務はないことになっているので、注意すること。障害厚生年金、障害年金請求者は言葉にまどわされないようにすること。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0