電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 森元首相、プーチン大統領との会談について、日本が米国に追随せざるをえない理由について語る

<<   作成日時 : 2018/05/23 18:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

日本の森喜朗元首相は産経新聞のインタビューで、日本が米国に追随しているのは米国が日本を助けてくれるからだと指摘し、これに注意を払うようプーチン大統領に求めたことを明らかにした。
スプートニク日本


© Sputnik / Maksim Blinov
G20外相、北朝鮮を議論 河野氏「完全な核廃棄を」
森氏はインタビューで、2年前にプーチン大統領に会った時のことについて語り、プーチン大統領に対し、日本は核を保有した国に囲まれていると述べ、もし核が使用された場合には助けてくれるのか?と問いかけたことを明らかにした。

そして森氏はプーチン大統領に、日露間には平和条約がないためロシアにその義務はないと述べ、だが同盟国である米国は助けてくれると指摘し、「言葉はよくないかもしれぬが、日本は米国に追随せざるをえないところがある」と述べ、この点をよく考えて欲しいと話をしたという。
森氏は、2000年から2001年に首相を務めた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
森元首相、プーチン大統領との会談について、日本が米国に追随せざるをえない理由について語る 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる