電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京都議選:新政党の驚くべき勝利は何を意味するのか?

<<   作成日時 : 2017/07/04 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月2日に行われた東京都議会選挙で、与党である自民党はわずか23議席しかとれず大敗した。これはこれまでで最も少ない議席数である。改選までは57議席を有していた。勝利を収めたのは、127議席中、79議席をおさめた都民ファーストの会だ。
画像

日本のインターネットでは、この結果は安倍政権にとって大きな問題を及ぼすという意見が盛んに議論されている。なぜなら東京の選挙の結果は国中の選挙結果に影響を与えると考えられているからだ。2009年、都議選で38議席しかとれなかった自民党は国政選挙でも大敗した。なぜ東京都民は、実質的に新しく出来た党、都民ファーストに票を投じたのか?

もしかするとそれば、選挙民が自民党に疲れたのかもしれない。衆参両院で過半数を維持する安倍政権は野党の意見をほとんど無視しているので、これが野党だけでなく社会全体の反感をかっている。議論を呼んだ共謀罪の根拠がはっきりしていないということも原因かもしれない。

また、もし報道や野党の言うことを信じるなら、安倍政権が、最低でも2つのプロジェクトを、自身の友人知人が有利になるように口利きしていたというスキャンダルも関係があるかもしれない。



資料写真
© AFP 2017/ Jung Yeon-Je

韓国、「慰安婦」に関する日本総領事の発言に抗議
都議選前に最も悪影響を与えたのは稲田朋美防衛相の失言だ。彼女は、防衛大臣としても自衛隊としても自民党を支援して欲しいと述べ、日本メディアに嵐を巻き起こした。

かつて自身も自民党で、防衛大臣を務めた小池百合子東京都知事は自民党と対立する立場になった。自民党に籍を置いていたので、都知事選出馬の際には大いに圧力をかけられたが、それでも知事の座を射止めた。小池知事は自民党を離れ、都民ファーストの会を結成。エネルギッシュな小池知事は将来の総理候補といわれている。

このことが安倍政権に何をもたらすのかはまだ明らかではない。安倍首相は任期前に辞任することはまずないだろうが、2018年秋までにある総選挙に向けて、自民党の内外のライバルがその座をねらうだろう。

極東研究所日本センター上級研究員のビクトル・パブリャチェンコ氏は、この状況を劇的なものと捉える必要はないとし、スプートニクの取材に対し次のように述べた。



学生
© Flickr/ Giuseppe Bognanni

JKビジネスだめ 都の禁止条例が1日から施行
「私は東京都議選の結果が日本の他の地域の国政選挙に影響するとは思わない。東京の有権者は、モスクワや他の国の首都のように、地方都市よりも政治的にアクティブだ。なので、これは新政党や新リーダーに対する支持というよりも、変革を求める社会の声だろう。そしてこれは安倍政権に、もっと国内問題に目をむけ、国民の声に答えるようシグナルを送ることになった。安倍政権はトランプ米大統領就任に伴い、軍事政策的にも経済的にも米国との関係が強固なものであると確認した。その後で肩の力を抜いてしまった。政権の国民からの評価というのは外交成果でだけ判断されるのではなく、やはりもっと国内問題の結果や、国民の要求に対する権力側の姿勢に基づいて判断されるものだ」

パブリャチェンコ氏の意見によれば、安倍首相は現状をやりすごすとみている。安倍氏は2021年まで自民党総裁としての政治生命を伸ばすだろう。ロシアにとってこれはおそらく、どちらかといえば良いだろう。安倍首相はロシア政府との良い関係を保つことに尽力し、産業界にロシアに目を向けるよう呼びかけた。そして彼はついに日露間で平和条約を結びたいと考えている。もし安倍氏が現在の地位から去れば、また日本政府はこの問題を長きにわたって後に残すことになるだろう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
東京都議選:新政党の驚くべき勝利は何を意味するのか? 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる