電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 武装戦闘員らがホムスのシリア軍陣地を攻撃  米国の攻撃と同時刻

<<   作成日時 : 2017/04/08 15:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国際テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」はホムス、フルクリュス、パルミラを結ぶ車線沿いにあるシリア軍陣地に対して、米国がホムスの東のシャイラト空軍基地にミサイル攻撃を行うのと同時に攻撃を仕掛けていた。現地にいて詳細な事情を把握している消息筋がスプートニクに対して明らかにした。
画像

プーチン大統領 米国のシリア攻撃は対露関係に深刻なダメージ ペスコフ報道官
消息筋によれば、テロリストらの攻撃は深夜2時頃。テロリストらはホムスとシャイラトを結ぶ車線沿いのシリア軍の陣地を攻撃し、軍の戦力補強が到着するまでの1時間以上、この領域を占拠し続けた。現在、シリア軍はテロリストらを車道から砂漠の奥地へ向かって追いつめている。

ホムス県のタラル・バラジ県知事はこれより前、シリアのシャイラト空軍基地はホムス東部におけるシリア軍の反ダーイシュ闘争を支援する主力であることを明らかにしていた。

米国はシリアのイドリブで行われた化学兵器攻撃への報復として、同国西部にある軍事基地を攻撃した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
武装戦闘員らがホムスのシリア軍陣地を攻撃  米国の攻撃と同時刻 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる