電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 魅力のある国と社会づくりはベーシックインカム制度導入で実現する

<<   作成日時 : 2017/03/04 16:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【魅力のある国と社会づくりはベーシックインカム制度【BI砲】導入で実現する】


 地球上の生ある動植物で貨幣がないと生きていけないものは、人間だけである。貨幣は人工物である。貨幣で人と社会を支配するものが存在する。
 経済学は、国家における物【生産物・農産物など】づくりの仕組みと、つくった物の交換の仕組みを研究対象とする。理想的な経済社会とは、需要と供給の関係で社会を構成する労働者の完全雇用が実現した水準の経済規模のことをいう。経済社会とは、多数の人が住居を構え、生産活動と消費活動するところをいう。南極大陸は経済社会ではない。
 経営学とは個々の独立企業の永続的繁栄を研究対象とする。
 国家における政治の役割は、国を守り発展させ、国民の生存に安心感を与え、外国との良好な関係を保ち、個々の独立企業経営者が永続的に企業経営できる経済環境をつくり、そこで働く人々を幸せにすることだろう。
 1989年以来、日本国の政治は、すべて上記とは逆の方向に進んでいたが、2016年暮れに外交分野は方向転換した。国内分野は、高齢者を中心に年間自殺者実質18万人ともいわれ、ひどい極悪政治が続いている。
こうしたこととなった理由の一つに老齢年支給額があまりに少額であり老後年金生活ができないという背景がある。政府及び官僚機構が年金生活者のために日本国の通貨発行権を発動していないことが原因である。政府及び官僚機構はやればできることをしようとしていない。年金支払いのための財源がなければ権力を発動し通貨を新規に必要なだけつくればよいのだ。
 政府の借金1000兆円【国債発行残高】は、政府機関の印刷局で1000兆円紙幣を印刷し、発行権限を有する株式会社日本銀行が政府機関印刷局で造幣した紙幣1000兆円を調達したのち発行し、発行済み国債1000兆円を国債所有者である金融機関・国民等から買い取り、1000兆円の紙幣通貨で支払する。金融機関・国民には1000兆円の紙幣貨幣が手元に残る。これで政府機関の有する負債である借金1000兆円は一瞬にして消滅する。国民・企業から税金を徴収し、それで政府の負債である借金を返済する必要はないし、無理に強行すれば国民経済を一気に破壊することになる。日本政府機関は国家の一部であり全部ではない。政府の財政収支は国民経済=国家経済の一部であり全部ではない。
 
 政府の財政が赤字だと国がつぶれるので、増税して財政赤字をなくす必要があると宣伝するもの、政府国債を発行して公共事業をすると国の赤字が増大し、次代を担う子供に借金を負担させることになるので、公共事業の財源を国債で調達するのはよくない、悪いことであると国民に宣伝し、国民を洗脳する勢力が国際規模で存在するといわれる。
 社会保障費の支出についても、財政赤字の原因になるのでよくないと公共事業批判と同様の論理展開をする者が存在する。
民間会社の場合は、収入を上回る支出は資金繰りの悪化につながり、そうした状態を続けると破産する。国民の信託をうけた国家権力を有する政府機関には、紙幣貨幣を造幣する権限と発行する権限がある。したがって、収入を上回る支出がある場合、国債を発行して資金調達し、収支バランスをとる。国債の発行により生じた政府機関の借金の返済方法は、国家権力を発動し、紙幣貨幣を造幣【製造】することにより資金調達し、国債の買い取り【借金返済】を行う。
 ここが、国家権力を有する政府機関と民間企業の資金の収支アンバランスが生じた場合の対処の仕方の相違点と考え方の相違点である。

政府機関は財政収支のアンバランスが生じたときに、すぐに紙幣貨幣の造幣【製造】を行い、財政収支の不足分を資金調達すれば、国債の発行による資金調達は不要である。
この場合は、国債の発行残高問題【政府機関の借金問題】は生じない。

 需要を構成する要素【これからお金を使うぞとの意志】は、消費【消費財の購入】と投資【機械や設備の購入】と政府支出【公共事業・社会保障費の支出】である。従来は造幣し増加した通貨を銀行経由で企業に貸付る。企業は借入金で設備投資する。企業は売れる物やサービスを提供し収入を得る。その収入の一部を人的構成要素である経営者・労働者に分配する。所得を得た経営者・労働者は、その資金で消費財やサービスを購入する。人工的に造幣した通貨・紙幣が利子・利潤を生み出す社会、これが世に言う格差拡大社会であり、賃金奴隷制度を内包する資本主義経済の社会である。本音でこの体制を支持する人々は1%未満であるが、いろいろ重要な組織の頂点に特権的に配置され、いつまでもその地位に君臨し、格差拡大社会の絶対的維持を強権的に計る仕事をする。しかし、問題を抱えた社会はいつか崩壊の時がくる。
 多くの国民が経験したように、この方法での需要の創出では安定した需要とならず、結果的に物作りの供給体制が維持できなくなった。やがて日本経済は機能不全状態に陥り、企業の破産・家計の自己破産・失業者・自殺者・うつ病患者の大量発生、生活苦・生活不安に基づく日本人大量堕胎による人口の減少、労働可能な外国人の大量流入となったのが今日の現状である。ほっておけば日本人はいなくなり、日本国は消滅する。超異常な政治体制が続いている証拠である。一般日本人にとって最後の防衛手段は、選挙で投票しない道が残されている。すべての議員選択選挙における積極的な投票ボイコットである。投票率が10%以下となれば、社会変革の道が確実にできる。議員選択選挙で投票すれば、だらだらと展望のない、いやな政治体制が続くだけだ。こうした状態の克復のためには投票率10%以下の投票結果を見せつけ、愚策政治体制を続けるならば、投票しないぞとの気概を世界中に示すことだ。
 世界の人口は71億2千万人。71億の人口は、北海道に移動した場合、一人当たり10uの面積を与えて全員収納できる程度の数値である。70億の人口が多すぎる等という輩は一体何者か。。

 堕胎された日本人は、将来優れた社会貢献する可能性を秘めた存在だった。いかなるハイテク機能を有する製造物でも、人間という超高度なハイテク機能を有する存在には、足下にも及ばないことは誰でも承知していることではないか。日本人が年間20万人堕胎されているとの報告がある。

通貨が手に入りにくく通貨万能社会である完成された資本主義社会では、人口は増加しないことが、先進国といわれる欧米日各国資本主義社会で証明されている。この理由は1%の人口に富が集中し、99%の人口が貧困になるからにほかならない。つまり、資本主義社会は、いやな社会だから、人々は子孫を残さなくなるのである。

 国家は従来の図式による造幣した通貨の流れを変更し、造幣した紙幣通貨をまず最終消費者である20才以上の国民個人全員に給付する。国民経済システムの資金の流れを変える必要がある。20才以上のすべての国民に毎月一人あたり20万円を支給し続ける国民経済政策を即実行する。これで、間違いなく大きな需要に見合った長期安定供給体制【物を製造し、サービスを供給する永続的企業活動】ができる。新たな雇用も生まれる。続いて投資も活発になる。20万円を上回る所得は、能力を磨き働いて手に入れる。働き所得を獲得できる者は、上場企業等他社の発行した株式を1000株若しくは1株に限定し額面価格で手に入れることができるようにする。安定少額株主を多数作り、会社乗っ取りを防止する。
 企業は賃金支払いの抑制も可能となり、企業経営も安定する。この経済政策を急ぎとらなければならない理由は、公的事業・公的サービスは国営企業、公営企業で運営しなければならない独立国家の原則を踏みにじり、国営・公営企業を民営化したため、国民生活・企業活動で公的事業・公的サービスを利用する場合、多額の資金が必要になってしまったからである。無能な日本人に権力をゆだねた日本国は、国民経済政策の失敗を重ね、ゆがんだ国民経済にしてしまった。国営、公営サービスを無償もしくは低料金で利用できていた時代は、考える必要のないことだったかも知れない。1%の富裕層と99%の低所得層に分離した異常な社会構造は即時是正する必要がある。リニア新幹線など魅力のある物づくりだけでは人々は満足しない。魅力ある社会づくりが求められる。今日、資本主義国でも共産主義国でも権力者とそれにつらなる下部は通貨紙幣のつかみ取りができる地位を有する特権階級である。だから彼らは金持ちになるが、そのほとんどが働いて得た所得=通貨紙幣ではない。

 資本主義の概念と共産主義の概念の内容を明確にしたのは、イデッシュ語を話し、ユダヤ教徒の教本タルムードを熱心に学習したアシュケナジーユダヤ教徒共産主義者カール・マルクスである。アシュケナジーユダヤ教徒組織は、資本家と共産主義者から構成されている。マルクスは紙幣貨幣で社会を支配できると考えた。その為には、無産の能力ある労働者が必要であった。無産の能力ある労働者が有産の労働者になることは許されない。この方法として、高額な税・社会保険料を設定し、給与から控除する。そして、財政赤字をなくさなければ、国が滅びるなどのデマイデオロギーで洗脳し、さらに税・社会保険料の給与からの控除額を増やす法律を創作するのである。目的は無産の能力ある労働者が多数必要だからである。ハザール=アシュケナジーユダヤ教徒金融資本家にとって、命令をよく聞く無産の労働者は、最も都合のよい存在である。だから、無産の労働者を英雄視して、あこがれの存在にするのだ。だが、無産の労働者の生活はつらい。今日の日本国の学校教育では、自営業を目指す学生は生まれない。
 
 すでに憲法25条で生存権の規定があり、生活保護法を整備すれば新生活資金給付体制はすぐにでも実施できる。
 新生活資金給付制度ができれば、公的年金制度は廃止する。いかなる医療費も全額国家が医療機関に支払い、患者負担はなくす。能力の高い人間も病気になったり、負傷し健康を損ねたのでは無力な存在に転落する。

憲法25条の生存権の規定に基づき、20才以上のすべての日本国民に国家は生存に必要な資金として毎月20万円支給する。
 これにより、安定した消費需要が創造され、安定した消費財の生産が確約される。そして、企業の存続と雇用の確保及び家庭生活と人口の維持が約束される。20万円は毎月完全に使い切ることが安定した需要をつくる絶対的条件である。使い切らなければ消費財を安定的に生産しサービスを安定的に供給【仕事をすること】できない。20万円の一部でも貯蓄することは絶対に認められない。この点は事務管理で厳格に運営する。1ヶ月20万円の生活費金額の査定は現在の学卒者の初任給水準の数値であり、物価変動を考慮しても支給額の減額は認められない。これを実行すれば、社会に存在する諸問題は自然消滅し、確実に魅力のある新しい社会となる。全国各地の商店街は、再生され元気になる。
 国から毎月支給される1ヶ月20万円の金員の使用について、国家の健全な発達の阻害要因となるものには、使用できない。

 国家、直接的には労働者を管理する各地の労働局・ハローワークは一つの会社勤務8年で大卒強程度の評価をし、名誉を称える賞状と記念品を送り表彰する。精神文化を豊かにするため、国公立大学などの通信制教育も取り入れる。完全週休2日制時代を考えれば、1日は勉学・研究にいそしむべきであろう。

 都道府県市町村に通貨発行権を認め、地域経済の発展のバランスをとる。すべての地方税を廃止する。武家政権時代各藩は独自通貨を発行していた。これにより、日本国の場合、どの地域も等しく経済発展した。通貨の役割は通貨発生時の原点に復帰し物々交換を円滑にするための存在に限定すべきだろう。

 国政選挙で国民の代表を選ぶ時期がある。国政選挙・地方選挙問わず、上記の政策実現を約束・主張する政党・個人があれば、問題を有するものは除き、いかなる政党・個人でもきっちり応援することだ。大量得票の可能性があれば、多くの党、議員個人が政策の実現を主張するようになる。当選後約束を守らず政策実現の運動をしない政党・議員個人があれば、鋭く見抜き、そうした勢力は容赦なく切り捨てる覚悟が必要である。難しい仕事であるが、多くの国民・企業が最も待望していることであるとの信念を持つことだ。あきらめず信念を貫らぬけば早期に実現できる。この国民経済政策に反対する者は1%の下部と断定すればよい。





社労士 労働安全衛生法 速習アプリ
元気もりもり

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 社労士 労働安全衛生法 速習アプリ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
魅力のある国と社会づくりはベーシックインカム制度導入で実現する 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる