電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 退位、自・民協議、皇室典範改正で溝

<<   作成日時 : 2017/02/23 00:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

衆参両院の正副議長は20日午前、天皇陛下の退位を巡り、各党派からの個別の意見聴取を衆院議長公邸で実施した。午後までに8党と参院2会派から見解を聞く。自民党は「陛下一代限り」の特別法が望ましいとの見解を説明し、民進党は皇室典範改正による退位の恒久制度化を主張した。
画像


正副議長が法案策定前に与野党の意見を調整するのは異例で、自民、民進両党の溝が改めて浮かび上がった。両党の協議は難航が予想される。

意見聴取で自民党の高村正彦副総裁は、特別法は違憲の疑いが生じかねないとする民進党の考えを念頭に「典範と特別法の関係を明確にする何らかの措置を取る必要がある」と伝達した。共同通信が報じた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
退位、自・民協議、皇室典範改正で溝 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる