電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS トルコ北西部の地震は人工的に引き起こされた可能性ーアンカラ市長

<<   作成日時 : 2017/02/08 15:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

トルコの首都アンカラのメリヒ・ゲクチェク市長が、同国北西部チャナカッレ県で起きた一連の揺れは人工的に引き起こされた可能性があり、それは国家クーデーターを試みた勢力が行った可能性があると述べた。
画像


トルコ沿岸部でマグニチュード5.3の地震が発生

© AFP 2016/ Mustafa Ozer

トルコ沿岸部でマグニチュード5.3の地震が発生
先に欧州地中海地震学センター (EMSC)が、トルコでマグニチュード5.2の地震が発生し、同国アイヴァジゥク市の建物102戸が倒壊したと伝えた。

ゲクチェク市長は、地震は昨年7月トルコでクーデターを試みた勢力が引き起こした可能性があるとした上で、次のように付け加えた。

「彼らは現在、イスタンブールの近くで地震を起こすことでトルコに打撃を与えようとしている。私を笑う人もいるかもしれないが、私はこれに関して憂慮を抱いている。真剣な装備を搭載してマルマラ海とダーダネルス海峡の、イスタンブールから遠くないところにある潜水艦や船は、確認されるべきだ。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
トルコ北西部の地震は人工的に引き起こされた可能性ーアンカラ市長 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる