電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の右翼 対露制裁の解除とクリミアをロシアの一部として承認することを呼びかける

<<   作成日時 : 2016/12/12 02:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本の愛国者団体が、今月中旬に予定されているロシアのプーチン大統領の訪日を記念した集会で、日本の対ロシア制裁の解除と、クリミアをロシアの一部として承認することを求めた。愛国者団体「一水会」の木村三浩代表は、スプートニクに、我々は露大統領の訪日を歓迎していると伝え、これはロシアとの関係向上を可能とするとの考えを示した。また木村代表は、ロシアは我々の友人であり、私はこの2年間でクリミアを8回訪れたと語った。また木村氏は、我々は日本の対露制裁はおかしいと考えていると語り、制裁の解除を望んでいると述べ、我々は日本政府に対露制裁の解除とクリミア承認を呼びかけると伝えた。
画像

木村氏はまた、集会とその後のデモンストレーションについて、規模としては大きくないが、これはロシアとロシア大統領の訪日を支持する初めての行動だと指摘し、ここに集まった新右翼の我々は、米国からの日本の独立を支持していると強調した。

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/politics/201612113114457/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
日本の右翼 対露制裁の解除とクリミアをロシアの一部として承認することを呼びかける 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる