電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 数千の戦闘員が武器を置きダマスカス郊外を去った

<<   作成日時 : 2016/12/07 16:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

約数千の戦闘員が自らダマスカス南西の町Khan ash Sheikhで武器を置き、家族とともにバスでイドリブ県に向かった。
画像

© REUTERS/ Remo Casilliラヴロフ外相:アレッポのロシア軍用診療所への攻撃は計画された行為シリア紛争当事者和解センターの代表アレクセイ・レシェンコ大佐が次のように語った。 「長く苦しい交渉の後、戦闘員の停戦参加についての合意に達した。」 過激派は当局に対し、500丁の小火器、スナイパーライフル、数十台の120mm迫撃砲を引き渡した。町には戦闘員が用いていた武器生産工場と倉庫が残っている。 路上にもまた多くの不発弾が残っており、工兵が一部をその場で爆破することを余儀なくされている。

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/middle_east/201612073093887/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
数千の戦闘員が武器を置きダマスカス郊外を去った 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる