電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊レンツィ首相:良心の呵責なしにイタリア首相のポストから去る

<<   作成日時 : 2016/12/06 01:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イタリアで憲法改正の是非を問う国民投票が行われ、その結果を受けて同国のレンツィ首相が辞意を表明した。首相は、良心の呵責なしに去ると述べた。

© Flickr/ Gabriel Hessオーストリア大統領選、極右候補が敗北イタリアで4日、レンツィ政権が提案した憲法改正の是非を問う国民投票が行われた。イタリア内務省の情報によると、開票率55%で「反対」が59.61%、「賛成」が40.39%。 レンツィ首相は、政府機関宮殿で特別に開かれた記者会見で敗北を認め、5日に辞表を提出する意向を表した。 当初から投票結果と首相としての行く末を結びつけていたレンツィ首相は、「私の政府の活動がこれで終わることは明らかだ。我々は説得することができなかった。しかし我々は良心の呵責なしに去る」と述べた。野党間では、辞表提出に関するレンツィ首相の声明が大きな喜びをもって迎えられた。 イタリア最大野党の「5つ星運動」の創設者で著名なブロガー、風刺家のベッペ・グリッロ氏は、レンツィ首相の辞意表明を、民主主義の勝利であり、主な勝者はイタリア国民だと述べた。

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/politics/201612053084835/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
伊レンツィ首相:良心の呵責なしにイタリア首相のポストから去る 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる