電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 将来での蘇生のため遺体冷凍保存始まる、ロシア

<<   作成日時 : 2016/11/20 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ロシアで51人が遺体の極低温冷凍を受けた。さらに約200人が将来冷凍する契約に署名した。
画像

© Fotolia/ Alexander Raths 学者、神経細胞復元に成功「クリオルス」社の共同創設者であり最高経営責任者(CEO)がメディアに発表した。契約を結ぶのは主に癌など、重病を抱えている人だ。 「手術の前に多くの契約が結ばれる。例えば、ある顧客は『がん4期を患う母が手術の準備をしている。死の場合は冷凍保存したい』と述べる。極低温冷凍の契約を結んだり、すでに冷凍された人々は、数十年後、彼らを救える薬が世界に現れると願っている。」 冷凍費用は3万6000ドルで、遺体搬送には追加料金が必要だという。冷凍遺体は魔法瓶に似た、室温がマイナス196度の巨大タンクに保存される。 先に伝えられたところによると、不治の病に侵された英国の14歳の少女が、自分の遺体を冷凍保存する権利を裁判で勝ち取った。

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/science/201611203030939/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
将来での蘇生のため遺体冷凍保存始まる、ロシア 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる