電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦闘員、フィリピン大統領の車列で暗殺未遂

<<   作成日時 : 2016/11/30 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドゥテルテ大統領のフィリピン南部の町マラウィ訪問直前に、大統領警備隊が攻撃された。しかしドゥテルテ氏は訪問を取りやめるつもりはない。AFP通信が大統領と同国軍の声明をもとに報じた。
画像

© REUTERS/ Lean Daval Jrドゥテルテ大統領、露中との軍事同盟の可能性についてコメント「(訪問先)に現地入りしていた私の先遣隊が襲撃を受けた。大統領の警護隊は自作爆弾により負傷た。しかし、私はそこに行く。訪問を延期するよう勧められたが、私は『否』と答えた。可能ならば、われわれは同様のルートで行く」とドゥテルテ大統領は、フィリピン北部の屯営地での演説で述べた。 同国軍は、爆発の結果7人の大統領警備隊員と2人の地元軍人が負傷した。 同国軍のRestituto Padilla報道官はAFP通信に、襲撃の裏にはおそらく、フィリピン南部で活動しているイスラム主義テログループ「マウテ」の戦闘員がいると明らかにした。

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/asia/201611293063458/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
戦闘員、フィリピン大統領の車列で暗殺未遂 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる