電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS クリントン氏、アレッポ破壊の意図的な試みでロシアを非難

<<   作成日時 : 2016/10/11 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米大統領線の民主党候補ヒラリー・クリントン氏はロシアを、アレッポを意図的に破壊しようとしているとし非難した。
画像

© REUTERS/ Joe Raedleトランプ氏、ヒラリー・クリントン氏を刑務所に入れるよう提案クリントン氏は、共和党候補ドナルド・トランプ氏との討論会で次のように述べた。 「我々は毎日、アサド政権がイラン地上戦力とロシア航空戦力との協力のもとおそらく25万人とみられる人々が住んでいるアレッポなど、様々な場所を爆撃するのを見ている。アサド政権反対を維持している最後のシリアの反政府勢力を排除ためにアレッポを破壊しようとロシア航空軍が選択的に注力している」 この数ヶ月、アレッポの情勢は急速に激化し、市内と周辺では厳しい戦いが続いている。 米国はシリア政府とロシア政府を民間人と武装反政府勢力への爆撃で非難している。一方シリア政府とロシアは、テロリストにのみ攻撃を加えていると主張し、「穏健反体制派」がテロリストと離れるために影響を与える能力が欠けているとし、米国政府を非難している。 ロシア政府は、米国側のレトリックの「具体的でない性格」に1度ならず注目を向けている。ロシアのゲンナージー・ガチロフ外務次官が述べたように、シリアでの人道的悲劇は政治的目的推進のために利用されており、ロシアは容認できないと考えている。

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/us/201610102878659/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
クリントン氏、アレッポ破壊の意図的な試みでロシアを非難 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる