電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラジルのルセフ大統領弾劾発案者が辞職

<<   作成日時 : 2016/07/09 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブラジル最高裁の決定により全権をはく奪されたクーニャ下院議長が辞職。
画像



「私の辞職以外に下院の状況を安定化させる手段はな。」NTN24テレビがクーニャ氏の声明を引用して報じた。

ルセフ大統領の弾劾プロセスの開始時点ではクーニャ氏が先頭を切っていた。ルセフ大統領は5月、180日間にわたる一時的職務停止処分に処せられており、8月に上院の投票で最終的な弾劾が決められる見込みだった。

これにより前ブラジル最高裁は、クーニャ氏は自らに対する汚職捜査を阻害しようとしたとして、その下院議長の職をはく奪。クーニャ氏には石油会社「ペトロブラス」からの収賄に関与した疑いがかけられている。

クーニャ氏自身は刑事犯罪への関与を否定し、辞職しないという声明を表していた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ブラジルのルセフ大統領弾劾発案者が辞職 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる