電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国の退役軍人ら、THAADシステムの韓国配備に反対

<<   作成日時 : 2016/07/25 15:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米国の非政府組織「平和のための退役軍人」は韓国へのTHAAD展開はワシントンとモスクワ、北京、平壌との関係の緊張をエスカレートさせるとしてこれに反対した。メディアが報じた。
画像


THAADミサイルに対し「相応の対応を取る」と約束、中国

© REUTERS/ Damir Sagolj

THAADミサイルに対し「相応の対応を取る」と約束、中国
「米国と韓国は北朝鮮ミサイルの脅威でTHAAD展開の決定を正当化するが、 THAADは韓国を保護するためのものではない。その任務は中国ミサイルの使用可能性を中和し、地域内の米軍部隊を守ることだ」。

「同時に、韓国の人々は、自国保護の観点から最終的に役に立たないシステムのために高すぎる価格を支払うことになる」。
米国は「中国とロシアを取り囲むようにミサイル防衛システムを設置しようとしている」。これは両国の防衛力を破壊し、「世界に危険な軍拡競争を促進する」ものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
米国の退役軍人ら、THAADシステムの韓国配備に反対 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる