電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシア 原爆投下後、広島・長崎でソ連代表団が撮影した映画フィルムを日本に譲渡

<<   作成日時 : 2016/06/20 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ロシア議会下院・国家会議のナルィシキン下院議員は、安倍首相に、米国による原爆投下の直後に広島・長崎で当時のソ連代表団が撮影した映画フィルムを手渡した。
画像


これは日本訪問2日目、議長が、記者会見で伝えたものだ。

記者団との会見で、ナルィシキン議長はまた、オバマ大統領の広島訪問時の発言について、驚きを表し、次のように述べた―

「つい先日のオバマ大統領広島訪問の際、私は1945年8月の出来事に対して、大統領が謝罪の気持ちを表すかどうかに注目していたが、日本国民の前でそれはなかった。何の罪もない何万、何十万もの人々の死をもたらした当時の軍人達の恐ろしい戦争犯罪に対し、責任のある国の指導者のそうした振舞いに、私は驚きを禁じ得ない。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ロシア 原爆投下後、広島・長崎でソ連代表団が撮影した映画フィルムを日本に譲渡 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる