電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 超高速列車ハイパーループが露中をつなげる可能性

<<   作成日時 : 2016/06/18 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ロシア初の超高速交通システムハイパーループが、中国からザルビノ港までの区間に現れる可能性がある。値段は300から400億ルーブルだ。ロシア連邦運輸省のマクシム・ソコロフ大臣が記者団に語った。
画像


2012年ハイパーループの構想を出したのは、エンジニアで起業家、投資家のイーロン・マスク氏だ。新しい交通手段ハイパーループは飛行機の2倍早く、新幹線の3〜4倍早い。さらに、列車は安全で、太陽光エネルギーで稼動する。ソコロフ氏は、ペテルブルグ国際経済フォーラムのロビーでこう語った。

「今日、イーロン・マスク氏が後援している会社の指導部と私たちは、この問題について審議した。ハイパーループは鉄道よりも安くなると、つまり、70キロの距離ならば、300〜400億ルーブルの範囲に収まると言えると、彼らは断言した」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
超高速列車ハイパーループが露中をつなげる可能性 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる