電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 高齢者殺人政権の安部鬼政権と厚生労働省 最初にすべきことは老齢年金の大幅引き上げだろう。

<<   作成日時 : 2016/05/13 04:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本政府と政治家と官僚組織が何よりも最初にすべきことは日本国民高齢者へ支給すべき老齢年金の大幅引き上げだろう。
画像

老人を大事にしない国はつぶれると昔からいわれている。日本政府と政治家と官僚は殺人鬼に転落したのか
主権者の声を聞き年金引き上げを即時実施せよ。

東京新聞に次の記事が登載された。

 政府は2016年4月十一日午前の閣議で、二〇一八年度から公的年金の額の伸びを今より抑えることなどを柱とする年金制度改革関連法案を決定した。

この政府見解を聞いただけで、高齢者は怒り心頭に至り、その心境は、亡国主義者安部政権を八つ裂きにせよだろう。国会議員とは何という冷血動物なのか。
文明国とは到底いえない世界最低の奴隷制国家日本の本質を露呈している。国会議員と安部政権は、私腹を肥やし、お金を海外にバラマキ、高齢となった日本国民には早く死なんかいの政治をしている。日本国民に対し棄民政治を続ける冷血政権は、乳母棄て山政治に加えて老人男性自殺推進政治を実行している。ここまでくると安部政権は日本人の心を持たないことは鮮明となり、日本人が選挙でそのような人物を選択するはずもなく、ムサシのコンピューターを駆使しいかさま不正選挙で現在の地位に就いていることも明確となった。あとは日本人の怒りが怒濤のごとくいつ爆発するかであろう。あらゆる場所に五寸釘を打ちまくれ。

安定した生活が保障される恩給・年金を受給する英雄軍人と同じく、年金生活者は長期の労働を貫徹した偉大な労働英雄である。英雄軍人並みの年金が支給されるのは、当然のことである。不支給の年金はさかのぼり支払いされなければならい。財源については、国は造幣局を保有している。造幣局で年金支払財源のための通貨を造幣【製造】し、年金受給者に不払分を即時振り込め。つくるのが面倒であれば、輪転機を2〜3台年金受給者団体に無償で貸与せよ。年金受給者はそれで通貨・紙幣を造幣し、分配すればよい。分配された通貨紙幣を手にした年金生活者は消費労働者となり消費活動を行い、経済活動の一方の柱である消費をすれば需要の拡大につながり、経済活動のもう一つの柱である生産を刺激し、供給体制強化を確実にする。生産供給体制が強化されれば、就労場所が拡大し、雇用も生まれ完全雇用が達成されるのである。若者の雇用が拡大すれば婚姻も増加し、少子化問題も解決する。

現在、日本人の年金水準は現役労働者世代の年収の38%であり、中国、韓国よりも低水準であり、世界最低である。ヨーロッパ諸国は現役労働世代年収の平均70%である。ギリシャでも74%、オランダは90%である。敗戦国のドイツは45%と低いが貧民が存在するという話は聞かない。

日本国民が、勤労時働いて貯めた年金積立金130兆円を賭博場である日本株式市場に25%、外国株式市場に25%合わせて50%運用している。平成27年度運用結果は5兆円の巨額損出を計上した。近い将来マネーゲームである株式市場は消滅の可能性が高い。その場合130兆円は65兆円の残高となる。日本の安部政権は暴力団を10000万倍上回る危険組織であり、非常行為を平然と今日実施している。日本国民の代表が国民を欺き、不幸のどん底へ突き落としている。必ず全日本人の全身全霊を込めた怒りで断罪される。
 今日、日本の高齢者は極度の貧困のため、刑務所へ進んで向かっている。1991年以来、刑務所の受刑者に占める高齢者の割合は著しく高くなっている。高齢者は生活できないため、進んで犯罪を犯し、牢獄に入るのである。牢獄に入れば、住居、食事、医療、仕事が保障されるからである。
国民年金の老齢基礎年金は、最高額で年間78万円である。この収入では自身の支出をまかなうことはできないため犯罪を犯し進んで牢獄に収監されるのである。ハザール人ユダヤ教徒組織の指揮下にある安部鬼政権と政治家、政府官僚は、意識的に日本国を奴隷制国家にしているのか。





年金格差とアベノミクス (さよなら安倍政権)
かもがわ出版
河村 健吉

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 年金格差とアベノミクス (さよなら安倍政権) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
高齢者殺人政権の安部鬼政権と厚生労働省 最初にすべきことは老齢年金の大幅引き上げだろう。  電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる