電子記録文書 森 芳樹

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本警察 G7サミット会場近くに山口組組長の別荘を発見

<<   作成日時 : 2016/02/06 06:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本の警察当局は、今年5月にG7(主要7カ国)会議が予定されている三重県のメイン会場から数キロの場所に、日本最大の広域暴力団「山口組」の組長が所有する別荘がある事を突き止めた。
画像


今日日本の治安当局が伝えたところでは、この別荘は、しかるべき法律に違反して建てられたものだとの事だ。



伊勢志摩サミットに向け日本の左翼過激派テロを計画

© AFP 2016/ Toru Yamanaka

伊勢志摩サミットに向け日本の左翼過激派テロを計画
当局によれば、これまでの調べで、この別荘には、山口組の篠田建市(シノダケンイチ)組長が何度か訪れた事が、明らかになった、別荘は、3つの建物と倉庫からなっており、サミットの主要会場から4キロの地点にある。

この別荘を建設した会社は、しかるべき許可を得ずに作業をしたとして、すでに、30万円の罰金を支払った。

今回の突然の「ヤクザ」幹部の別荘発見に関連して、建設会社への罰金以外に、どんな措置が取られるのか、はっきりしていないが、それでなくても、日本の警察当局は、サミットを控え、安全の保障に向けた措置をかなり強化している。


続きを読む http://jp.sputniknews.com/japan/20160205/1557718.html#ixzz3zKWa1P81

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
日本警察 G7サミット会場近くに山口組組長の別荘を発見 電子記録文書 森 芳樹/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる